大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

 祝 47都道府県完全制覇!

  2018年10月01日 (月)

連休があれば旅行に出掛ける不治の病に侵された二人、今回も9月一発目の連休を利用して悲願の旅へ。

新大阪7:44発のサンダーバードで一路北を目指します。

台風21号の影響で連絡橋が通行止めになった関西空港、関空特急はるかはこの時点で関空ではなく日根野止まりです(/_;)

実りの秋を迎えた米どころを列車は疾走、しかし昔も今もサンダーバードはよう揺れて相変わらず乗り心地悪いですね(T_T)

大阪から2時間半でサンダーバードは北陸の小京都「金沢」駅に到着、ここで昨年開通した北陸新幹線「つるぎ706号」にてさらに北を目指します。

東海道山陽新幹線より乗客が少なく、ローカルな雰囲気を醸し出す北陸新幹線。

秋晴れの中その新幹線で揺られること14分、新幹線はもう目的地に到着してしまいました(・_・;)

降り立ったのは北陸新幹線「新高岡駅」、この瞬間私が足を踏み入れていなかった最後の富山県の土地を踏みました♪───O(≧∇≦)O────♪

苦節50年で47都道府県完全制覇(ちなみに宿泊していないのが新潟県のみ)、今回は富山県を中心とした旅行です。

新高岡駅から車を走らせること20分、車は新湊と氷見の中間にある「雨晴海岸」に到着。

目の前は富山湾遠くには立山連峰と、富山の自然が一度に楽しめるスポットです(^.^)/

国道を挟んだ向かいには最近オープンした道の駅がありますが駐車場は手狭、JRの線路沿いにある臨時駐車場に停めて歩いてもそんなに大差はありません。

国道から踏切を渡ると右手に見える「義経岩(よしつねいわ)」は源義経が奥州へ落ち延びる途中にわか雨の晴れるのを待ったという岩で、地名「雨晴(あまはらし)」の由来となっているそうで。

鳥居があるのでお寺と勘違いしますが、ごく普通の岩です。

岩の上にあるお堂っぽい所に行きたいと申す相方、確か先月もモンゴルで似たシチュエーションがあり嫌な思い出が・・・(;_:)

短いトレッキングで岩の頂上に、お堂や景色はこんな感じです。

海岸にあるこちらの穴は源義経と弁慶が山伏姿に身をかわし奥州へ落ち延びる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという太古のロマンを感じるスポットです。

「弁当忘れても傘忘れるな」の諺の通り雨が多い北陸地方、前日の予報で富山県は☂でしたが晴れ男の威力かここまで天気は回復✌

晴天なら絶景が拝める雨晴海岸、雨が降っていなければ是非立ち寄りたい自然の名所です。

★ 日付が変わりあっという間に今年も残り三か月、10月も皆様のご来店美味しいお肉をご用意してお待ちしております(^^♪



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.