大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

 黄金なチムジルバンと豚肉

  2019年01月30日 (水)

夕食前に一風変わったチムジルバンへ、場所は地下鉄江南駅5番出口から歩いて10分の所にあります。

人通りの少ない場所にあるのが「黄金温泉 (ファングムオンチョン ・황금온천)、スマホがないとたどり着けないくらいローカル御用達のチムジルバンです。

ここは地下に湧いた温泉を引っ張ているので泉質が良く、他のチムジルバンとは違い本格的なお湯が楽しめます。

お客さんがひっきりなしに出入りするこちらは料金はW10000、ここから先は撮影NGなので感想だけをご案内します。

お風呂は低中高温とあり高温はナント45℃で温泉だけあって湯上り後いつまでも体はポッカポカ、シアタールームやドクターフィッシュ(30分でW5000)などアミューズメント施設さながらの充実ぶり。

でも肝心のチムジルバンは二つしかなく、汗蒸幕内も50度ちょいで爽快な汗をかくことは出来ないのが残念でした(>_<)

体が温もったところでソウル最後の晩餐に向かいます。

やって来たのは新論峴駅から歩いて5分の所にある「サラムサヌンコギチッ キムイルド・사람 사는 고깃집 김일도」さん、長ったらしい屋号なので地元住民からは「キムイルド」と呼ばれています。

焼肉屋らしからぬスマートな店内、時間によればウェイティングも発生する人気店。

テーブルセッティングには薬味として明太子・にんにく・生わさび、ウコンカレーパウダー、岩塩は粒が荒いのですり鉢を使ってセルフで細かくします。

また岩のり・もやし・わかめ汁に大根・白菜の辛くない白キムチ・行者ニンニク醤油漬けは、豚肉を巻いて頂きます。

こちらのメニューは韓国語・日本語・英語・中国語と4言語の併記、日本語訳も違和感なく注文も安心です。

色々なメニューがあり悩みますが、ここは是非「キム・イルドセット」を注文して下さい。

席に運ばれてきた肉を見てビックリで肉質も艶も申し分なし、それもそのはずこちらは熟成豚肉(580ℊ)が看板のお店なんです。

店員さんに「センメッチュ(生ビール)ありますか?」と尋ね出てきたのがまさかのハイネケン、先に言いますがこれだけが今宵唯一残念な点でした(;_:)

こちらのお店もスタッフが豚肉を調理しますが男性スタッフは皆イケメン、うちの担当はディーン藤岡ばりの男前が食べ方や肉の部位を丁寧に韓国語で解説してくれます(・_・;)

やはり肉質が良いのか焼いている段階から美味しそうな匂いが充満、牛豚鳥関係なしに本当に良い肉は煙を嗅いで肉質を判断できるんですよ(^_-)

「始めは塩で食べるので細かく擂ってください」との指示通り、セルフですりすりしてその時を待ちます。

お待たせしましたとサーブされたのが私の嫌いなプチトマト、いきなりフェイントを喰らいましたが苦手な私でも食べれる爽やかな酸味。

絶妙な焼き加減に見とれてしまいますが700gあるお肉を一気に焼く、これだけが韓国に行ったら残念なんですよね~

ソーセージとサムギョプサルも焼き上がりスタッフがカット、しかしどちらも火の通りが弱いような気がします(・・?

そんな心配はなんのそのでスタッフが「後はお好きなタイミングで焼いて下さい」と説明、なるほどこれなら自分のペースで食べれる素晴らしいサービスです!(^^)!

前置きが長~くなりましたが、待ちに待った豚肉を食します。

その魅惑の世界へのご案内は次回に(#^^#)



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.