大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

おはようございます☀

博多滞在二日目は幸先の良い晴れのスタート、外の景色はビルに細い路地と味気なかとです(*_*;

さっさとチェックアウトを済ませ荷物を預け、やって来たのがJR博多駅B1にある博多デイトス。

この日最初の博多グルメはとんこつラーメンをも凌ぐ博多っ子が愛する「博多うどん」、朝食を兼ねてお邪魔したのがこちらの「因幡(いなばうどん)博多デイトス店 」さん。

博多駅近くに博多うどんを出すお店は多いですが、ここは8時から営業と時間のない旅行者には有難い早朝営業のお店です。

因幡うどんさんのHPを見てメニューをあらかじめ決定、しかし午前11時までは「朝のお品書き」に載っている通り一部限定になります。

注文した「ごぼう天うどん」は因幡うどんさんに限らず博多うどんの代表的なメニューだそうで、注文後5分もしない内に席に運ばれて来ました。

関西人がホッとする薄い色のスープはアゴ出汁が効いており、大阪のカツオ風味とは若干違いますがじんわりと旨味が広がっていきます。

何より特徴的なのがコシがほとんど無いフニャっとした麺、香川県民なら卒倒しそうなくらい歯応えが無く歯茎でも食べれる食感。

でもシッカリ噛まないといけない関西の麺と違い、意外と麺の味を楽しめ胃に優しい麺です(^^)/

テーブルに無造作に置かれているネギを投入、このネギが青臭くなくシャキシャキで甘く最高の薬味(^^♪

一見武骨に見えるゴボウの天ぷらはしんなりして滋味深く、お肉の甘めの味付けがシンプルな麺とスープにアクセントを付けます。

そんなにスープを飲んでいませんが博多うどんの麺は出汁を吸うので減るのが早く、端からスープを飲み過ぎたら終盤麺しか残らないのでご注意を。

博多うどんで忘れてはいけないのがこの「かしわ飯にぎり」、九州独特ほんのり甘めの醤油で味付けされたかしわ飯は鶏肉とゴボウも入って見た目よりボリューミー(^.^)

二人とも温かいうどんじゃ能がないのでもう一品は冷たい「博多細うどん」、先ほどのうどんの冷たいバージョンと思いきや・・・

麺の固さが違って細うどんの方が若干コシがあり、そののど越したるや軽快で人生で一番美味しいざるうどん(大阪で言えば)に感激(@^^)/~~~

う~~ん、想像以上に美味しかったし博多でしか食べれない「博多うどん」。

食べて1時間も経たないうちにまた食べたい衝動にかられ、これから福岡に来たらいの一番に食べようと決めた最高の一杯でした(*^^)v



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.