大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

今から夕食に向かいますがその道中にあるのが「尾山神社」、かの前田利家公を祀っている神社で詳細は後ほど。

金沢の情報発信基地「香林坊」も朝の快晴はどこへやら、恐怖の雨女である相方の実力発揮で強めの☂が降って来ました。

相方のえぐいとこはノーマルな雨女と違い、雨以外に強風や雷もお連れするスーパー雨女(>_<)

大通りから一本入るとどこかレトロな空気が流れる脇道、金沢の夜はここ「おでんの高砂」さんからで実はここで金沢在住の友人と飲む約束をしています。

その友人が予約してくれたのがこちら金沢おでんの名店。

カウンター席にテーブルと小上がりの店内は人気店の割に静か、じ~っと観察すると地元客より観光客が多いような・・・

何はさておきまずは写真の人物のご紹介からで、彼は昨年まで大相撲の荒汐部屋に所属していた元力士。

地元石川県出身で押し相撲で活躍したしこ名は突光力、現在は地元に戻って頑張っている吉田君です(^^)/

今回彼との再会も旅の目的の一つ、今夜は近況を含め旧交を温めます。

乾杯は生ビールではなくホッピー、でも聞いたら金沢にホッピー文化はなくここ以外見たこと無いと言ってました。

三人での食事ですがおでんは一人ずつお好みを注文するスタイル、私はバイ貝と車麩にひろずと金沢らしいタネをオーダー。

中でも殻付きで供されるバイ貝は立派なサイズで磯の香りに溢れ、またその肝のコクが味に深みを与えます。

初めて耳にするひろずは巨大ながんもどきで中身は蓮根・エビ・銀杏・椎茸と具沢山、これ一つだけでホッピーはあっという間に空に。

おでんの汁は関西風のあっさりダシ、素材を邪魔しないながらもその存在感はシッカリ強調されています。

また相方の白はんぺんには「金沢おでん」の焼き印と遊び心も、余程気に入ったのかお代わりにつまみと食欲旺盛な雨女(;O;)

コンニャクには高砂さんの特徴である生姜味噌が塗られて登場、そこまで生姜はきつくなく甘みがあって口を変えるにはもってこいです。

一品料理のメニューには刺身や小鉢などの他にナントとんかつの文字が、ここ高砂さんはお味噌のソースがかかっている名古屋風で人気メニューらしいです(・_・;)

でもその中でも吉田君おすすめがどて焼き、トロトロに煮込まれたスジは柔らかく甘めの味付けにピリッとした山椒がアクセントに。

おでんに付き物の日本酒は地元石川の黒帯、軽やかな飲み口ながら米の力強さはさすが(^^)/

次に注文した赤はんぺんとはかまぼこらしく、一緒に注文したイカのビジュアルにびっくり(◎_◎;)

江戸前寿司のイカの印籠詰めみたいくイカにゲソを仕込んだ一品、イカの甘みとゲソの歯ごたえを繋ぐ生姜味噌は立派な料理です。

最後に入店当初から気になっていた「カレーおでん」を注文、そうしたら具を聞かれずにそのまま注文完了。

テーブルにやって来たのが北海道のスープカレーみたいで、具材はお麩に豆冨やしらたきなどが予め入ったカレーがお皿で登場します。

スープをすすると確かにカレーですが、今流行のスパイス系でもインド系でもなくうどん屋さんのカレーうどんに似た優しいお味です。

おでんの出汁で伸ばしているので後味はまろやか、食べながらこれにうどんやごはんを入れたら旨いやろな~と話していたその時(; ・`д・´)

メニューに「カレーおでんの〆に」の後に書かれたご飯・そーめんにロックオン、協議の結果そーめんをチョイス。

そのそーめんをカレーおでんに投入しまぜまぜしたら、予想通り「旨い」の一言ヾ(≧▽≦)ノ

想像していた味ですが想像以上に美味しく、うどんじゃなくあえてそーめんにしたお店のセンスはGOOD(^.^)/

大阪でも行かないおでん屋さんにお邪魔しましたがその味や食べ方は金沢名物たる所以、春夏秋冬問わずいつでも美味しいのが金沢おでんだと教えられた今宵の宴でした。

何より吉田君と久しぶりに飲めたのが最高のご馳走、夜遅くまで痛飲した二次会は話しに集中したかったので今夜のご案内はここまで。

10年間角界で培った礼儀や根性を礎にして今は人を助ける立派な職業で頑張っている吉田君、彼のこれからの人生を応援せずにはいられませんがそれよりこんな素晴らしい友人がいる金沢が好きになりました(#^^#)

吉田よ、今回は本当に楽しかったよ! 早く金星をもらって人生の番付をどんどん上げていけよ(^_-)-☆

★ 5月19日より5日間ゴールデンウイークの振替休日を頂きます。
  また5月18日土曜日は在庫調整で売切れの商品がたくさんありますので、白ごはんを含めご来店をお考えのお客様は予めご了承ください。



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.