大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

ここは明洞最大の通り「明洞ギル」、ロッテ百貨店方面から明洞聖堂を越えて忠武路をつなぐツーリストおなじみの通り。

渡韓する度に違うホテルを渡り歩く二人、今回の宿泊先は2019年10月にオープンした「相鉄フレッサイン明洞」。

ヘタしたらうっかり見過ごしてしまいそうなエントランス、ここには車止めも駐車場もドアマンも何もありません。

ちっちゃなデスクが一つだけポツンとあるフロント、隣は待合わせやPCがあるフリースペース。

ここは自動チェックイン機ですが日本語流暢なスタッフ(日本人スタッフもいらっしゃいます)がお手伝い、ただチェックインの際「お部屋を変えて頂ければ半額お返しします」との提案。

でも間髪入れずに「NO」の返事、その訳は後ほど・・・

フロント横にあるコーナーにはアメニティグッズがずらり、化粧液にパックなどコスメ系が充実してますが一泊に付き一個まで。

でも多くの女性は一週間滞在するんかぐらい遠慮なく持って行きます( `ー´)ノ

入浴剤の用意はさすが日系ホテルならではの配慮、これがいい仕事をして寒いソウルで体の芯から温まることが出来ました(^^;)

通されたのは610号室、予約カテゴリーは「コーナーツイン」でこのホテルでは一番広い間取りになっています。

若干硬めのベッドと硬軟二種類の枕は良いんですがベッド下のフレームがマットからずれてるので角に足をぶつけること毎日、クレームを入れると「それはデザインです」と一蹴。

それが嫌なら自分自身で調整しましょう(-_-メ)

ベッドにあるコンセントは変換機不要でベッドサイドにUSBケーブル差込み口もあり、テレビ付近にもプラグがあるので携帯の充電に便利でした(^^)/

寝そべってテレビを見たいですがベッドと平行に設置されたテレビ(*_*)

でも心配はご無用、ひもを引っ張るとせせりだしてくるのでベッドから視聴が楽しめます。

トイレ(ウォシュレット便座)と深いバスタブのバスルーム、シャワーの温度調節も湯量も文句なしで明洞の街中を見下ろしながら「いい湯だな~♨」が楽しめます。

でも目の前にビルが建っているので、低層階の部屋(6階がそうでした)では向こうの人と目が合うかも♡

ただこのホテル最大の欠点は室内にデッカイ柱があること。

ただでさえいびつな形の室内なので無駄なスペースが多くむき出しのクロークは柱の後ろ、おまけに不要なスペースがあり収納タンスがないので狭く感じます(T_T)

口コミで多かったのが冷蔵庫のサイズでコーナーツインは気持ち大きかったですが、スタンダードツインやダブルの部屋はペットボトル3本しか入りません。

高級ミネラルウォーターが毎日2本補充されますが、特に夏場に来たら冷たい飲み物があまり入らないのが不便かも・・・

ネガティブな投稿が続きましたが特筆すべきはこの衣料乾燥機、国内外たくさんのホテルに宿泊しましたがこれは初体験Σ(゚Д゚)

乾燥・消臭機能が付いているので急な雨降りや焼肉屋の帰りには大変重宝します(^^)v

ホテルの下はあの明洞ギル、右手行くと明洞聖堂はすぐそこ。

最新の設備に不便な造りとトータルでは微妙ですが観光のロケーションは抜群、但し空港から地下鉄・リムジンバス・タクシー移動の際全ての駅や停留所から同じ距離歩かないと行けないのでご注意を(^_-)



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.