大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

赤ナマコから後半戦がスタート、味や食感を変えてサーブする大将の攻撃に胃袋は嬉しい悲鳴(^^ゞ

この素麺みたいなのは「このわた」と言いこのわたは文字通り「海鼠腸」 つまり真ナマコから採った腸を指し、絶妙な酢加減に浸かったこのわたは一匹の海鼠(なまこ)から採れる腸は一本だけ、時折見せる繊細な仕事にキャリアを感じます。

先ほどの痛風盛りの茶碗蒸しは薄く張った出汁に玉子の風味が活き、寒い冬には箸休め以上に重要な料理です。

いよいよ握りのスタートですがこの握りはエビっぽくて内臓がのっててキャベツ?、申し訳ございませんが記憶にございません(ノД`)・゜・。

分厚い身に上品な脂が流れるアジの握り♡

プリプリの歯ごたえににじみ出る爽やかな脂、この時期のシマアジはトロにも負けない旨味を持ち合わせています。

今が旬の寒ブリはモミジがアクセントに。

噛めば噛むほど溢れ出る磯の香りのアワビの握り。

濃厚で滋味深い肝はアテで、身より肝の方が断然に好きです(^^♪

瑞々しいタコは分厚く切ってるのにすぐ噛み切れるほどの上物、煮キリと上にのせた生姜がタコの甘さを引き出しています。

独特の鉄分を感じるマグロの赤身に何とも贅沢な脂を秘めた中トロ、大衆店並みの価格帯ですが豊洲市場から取り寄せる大将自慢のネタです(*´ω`)

大将のキャリアを象徴する絶品アナゴ、大阪でましてや千鳥橋でこんな穴子が食べれるなんて(◎_◎;)

シメで出てきたのは何故か麻婆豆腐、ジャンルを問わず美味しい物を追求する大将の信念と遊び心(@^^)/~~~

こちらが大将の藤田さん、店の儲けよりも美味しい料理と楽しい空間を真摯に提供する生粋の料理人。

趣味も多く気さくな人柄に周辺のゲストハウスから各国のツーリストが集まり、お寿司を通して日本文化を伝えています。

飾り気のなく気楽に入れる雰囲気の裕寿司さん、今回は特別コースなので行かれても同じものは出ないと思いますが、レギュラーメニューでも安くて美味しい料理がたくさんあるので是非訪れて見て下さい。

美味しい料理と旨い酒に楽しい仲間、何気ない普通の日常が心地よく感じた夜でした☆彡



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.