大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

1月某日、私の一番好きなお寿司屋さん「釧路四季彩」さんがまたまた関西に登場。

場所は十三からだいぶ不便な京都駅にある伊勢丹、でも近くであの味が楽しめるなら苦にはなりません(^^ゞ

四季彩の大将と女将さんに年始のご挨拶<(_ _)>

催場にあるお店でアルコールをゲット、初めての流氷DRAFTは香り芳醇でクリアな味。

魚に合す日本酒は増毛町の「純米 吟風国稀」、チョイ辛口でお米の旨味がじんわり広がります。

ネタケースの中には水しぶきをあげて今にも泳ぎ回りそうな北海の海の幸、これだけでお酒が飲めます(*^^)v

この日は連絡せずお邪魔したので握りのスタート、私の好みを知っている大将お任せ握り。

昨年高島屋大阪店と規模は違うので、今回はお寿司をじっくり堪能(^^)/

中でも今や幻となりつつある「ブドウ海老」は相方が死ぬほど大好きなので私の分もプレゼント、それを食べた相方はあまりの旨さに悶絶(◎_◎;)

安定した美味しさの「つぶ貝」は当然生で磯の香りが鮮烈、どうしてこんなに美味しいんでしょう(^^♪

白身の高級魚「たんたか」は上品な脂、噛めばじわ~っと口の中にあふれます。

握りだけじゃ物足りないので刺身を追加、サーモン・しめ鯖・生にしん・生北寄貝と日本酒に合う魚貝類オールスター!(^^)!

人生最後の晩餐で絶対食べたい大将のしめ鯖、今回も締め加減が最高で至福の逸品(๑˃̵ᴗ˂̵)

食感といい香りといいもちろん味といい、食べて納得三位一体生の北寄貝。

この日一番はタチ(鱈)の白子、皮やスジは当たらずネットリとした身に旨味満載。

大阪で食べてる白子とは一味も二味も違う、さすがは本場北海道のタチ(*^o^*)

年明け早々美味しいお寿司を食べて、今年の寿司LIFEは幸先良いスタート。

四季彩さんのお寿司、ひょっとしたら今年も大阪で食べれるかも(^_−)−☆



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.