大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

 ハバナを守るモロ要塞

  2018年06月19日 (火)

★地震当日6月18日終日エレベーターが動かず、ご来店下さいましたお客様にはご不便をおかけして本当に申し訳ありませんでした。

また交通機関がマヒしている中、予想以上に請来軒に足を運んで戴いた多くのお客様には有難い気持ちでいっぱいです。

エレベーターは只今のところ水曜日までには復旧の見込みです。★

カジェホン・デ・ハメルを後にして車は再びマレコンを走行、晴れ男全開の透き通るような青空と海を見ながら次の観光地に向かいます。

目の前に現れた物騒な大砲はプンタ要塞の物でハバナの街を守るため1590年に建設が始まり、完成したプンタ要塞には対岸にあるモロ要塞との間に太い鉄の鎖が張られ数々の敵国船や海賊船からハバナの街を守ってきました。

プンタ要塞は車窓からの見学で車は海底トンネルを通り、運河をはさみ旧市街対岸の街「カサ・ブランカ」を目指します。

先ず見えてくるのが軍の施設でセキュリティーも厳しく何か物騒な雰囲気、しかしそれをかき消すクラシックなアメ車たち。

モロ要塞には大砲もありますが、何より素晴らしいのは・・・

正面には旧市街の街並みに右手は新市街とマレコン、ハバナ市内の景色が一望のスポットがモロ要塞です。

いつまで見ていても飽きない、息をのむ絶景にしばし茫然・・・

ハバナ港に停泊中の巨大なクルーズ船、カリブ海クルーズの起点であるハバナには毎日豪華客船が寄港します。

要塞からの景色は言うまでもなく、広場の芝生に座って紺碧のメキシコ湾を眺めるのも良し。

海賊や敵国から守る使命だったモロ要塞、今ではたくさんの観光客が立ち寄る平和なスポットとして人気です。

お土産屋さんにキオスクもありますがそこはキューバ人、こちらから話さない限り何もしないまさにお役所仕事。

なぜこんな要塞が必要だったのかはハバナの地理的な理由で、中南米から集まる財宝は当時6週間ハバナで荷下ろしする法律があったそうです。

財宝はその後スペインへと運ばれましたが、それを知った敵対国や海賊格好の標的になり何度も襲撃されたため建設されたそうです。

モロ要塞を後にして車は旧市街の「マキシモ・ゴメス像」付近で停車、これから旧市街のウォーキングツアーなのでアメ車はここまで。

クラシックなアメ車でのドライブはハバナでは外せないアクティビティ、安全運転で見所を回ってくれたドライバーさんには感謝感謝(^.^)

馬車にアメ車はそこらじゅうで待機しているので捕まえるのも簡単、後はシッカリ値段交渉しましょう。

これから車も入れない路地をガイドさんと廻るウォーキングツアーの始まりです。



 6月18日の営業について③

  2018年06月18日 (月)

16時現在請来軒が入るビルのエレベーターは止まったままです。

復旧の見込みはありませんので、保安上ビル1階のシャッターは閉めております。

ご来店のお客様、ビル前に到着の際は0663901739までご一報頂ければお迎えに上がります。

ご不便をおかけしますが、お気をつけてお越しくださいませ。



 6月18日の営業について②

  2018年06月18日 (月)

先程の通常通り営業は変更がありませんが、仕入先が急遽休みの為上肉にご用意出来ない品が多々あります。

イチボ、カイノミ、ラムシン、マルシン、サーロインがご提供出来ません。

三角バラ、ヘレ、トウガラシ、ミスジ、ハネシタは在庫がございます。

ホルモンは今朝取りに行きましたので通常通りご提供出来ます。

何かとご不便をお掛けして申し訳ありませんが、細々と皆様のご来店お待ちしております。

でも足元が危ない道もありますので、お客様ご自身の安全を最優先して下さいねm(_ _)m



 6/18営業について

  2018年06月18日 (月)

今朝の地震による被害を確認致しましたが、カス漏れや水道管破裂等の被害は確認出来ませんでしたので本日は予定通り営業致します。

が、皆様をお店までお運びする肝心のエレベーターが正午現在停止しております。

エレベーター会社に連絡を入れましたが、閉じ込まれている方が優先なので当ビルの作業時間が未定です。

17時より通常通り営業しますのでご来店のお客様はご面倒ですが、エレベーター前からお電話頂ければお迎えにあがりますのでご一報ください。

キャンセルなどでお客様のご来店が見込めない場合、早めに閉店する事もありますのでご来店前にお電話にてご確認下さいませ。

焼酎の甕が二つとも割れたため、本日焼酎のご提供は出来ませんので予めご了承下さい。



再び街中を走行、次の目的地が見えてきました。

車は細い通りで停車、写真では伝わりにくいですが辺りは結構デンジャラスな匂いがします。

ここはハバナの カジェ・ウエソ(Cayo Hueso)地区にあるカジェホン・デ・ハメル(Callejon de Hamel)、カジェホン・デ・ハメルは通りの名前で予備知識なしでの訪問。

ゲートをくぐり中に入るとカラフルな壁が印象的な細~い路地、赤や黄色など暖色系のカラーはハバナ市内の建物とは明らかに違う色使い。

カラフルな壁に目が慣れてきて周辺を見渡すとアートな雰囲気、どこか迷路に迷い込んだ気分に。

通りの真ん中に置かれた巨大なバッタのオブジェ、ここはサルバドール・ゴンサレス・エスカローナと言う一人のアーティストがアフロキューバンの文かを広めるために作った路地だそうです。

アフロキューバンとはその昔アフリカから奴隷としてキューバに連れてこられた人々が起源の文化、植民地支配や幾多の戦争でキューバの原住民は無くなったとされスペインやアフリカの血が今のキューバ人には流れています。

敷地内では手作り品が販売されていたりお酒が飲めるバーもある異質空間、確かに初めて経験する世界で徐々に引き込まれていきます。

中でも目を引いたのがこのお祈りスペース。

アフリカからの奴隷移民(特に西アフリカヨルバ族)とともに伝わってきた宗教とスペイン植民地時代のカトリックが融合し生まれたのがサンテリアと呼ばれる土着信仰、信仰している家庭にはこの様なお祈りスペースがあるそうです。

また12月31日には神様へのいけにえとして鶏が捧げられ、その日にはどころ処から鶏の断末魔の泣き声が聞こえるそうです(;_;)/~~~

カラフルな壁画やアートなオブジェが特徴ですが、別にこのカジェホン・デ・ハメルにはある活動が行われています。

この地区はハバナでは治安があまりよくなく、住人も貧困にあえぐ方も多いと説明を受けました。

そういった方を支援するため手作りグッズやCDなどを売って、支援金を捻出したり働く場所を提供しているそうです。

私も5CUCのCDを購入、売っていたのはそのバンドでボーカルを務める真ん中の彼。

廃材を利用したオブジェと真っ青な空のコントラスト、スタッフも身振り手振りで一生懸命説明をしてくれます。

カラフルな壁画に敷地内に流れる軽快なリズムを刻むルンバ、何より独特に進化したアフロキューバン文化と全てが初体験。

途中から子供のようにワクワクしてくる不思議な魅力、その土地を知り人を知り文化を知る事ができる貴重なスポット「カジェホン・デ・ハメル」。

フォトジェニックな観光地が多いハバナでは異彩を放つこのスポット、心に響きそして心に残る素敵な空間でした(^.^)



革命広場を後にして次の観光地に移動、オープンカーならではの爽快なドライブが続きます。

しばらくすると左手の塀の向こうに彫刻のようなオブジェが視界に入って来ました。

ここは新市街の中心部ベダード地区に位置する19世紀後半に建設された「コロン墓地」、50haを超える市内最大の墓地でホセ・ミゲル・ゴメス大統領や作家のアレホ・カルペンティエルをはじめ多くの著名人が眠ります。

中に入りませんでしたがお墓の上にはイタリアから輸入した大理石で作られた彫刻が置かれ、お墓なのに入場料が必要でその彫刻の見学に多くの観光客や地元住人が訪れるそうです。

地図も販売される一風変わったこのコロン墓地、敷地内には1964年に建立された日系人慰霊堂もあるそうです。

軽快に街中をドライブしていると突如目の前に現れた緑の木々。

先ほどまでの景色が一変し車は鬱蒼としたジャングルに進入、後日紹介しますが森の中には川が流れておりその水は旧市街まで水路で引かれていたそうです。

緑あふれるここがアルメンダレスの森、中には公園もあり避暑地や憩いの場としてハバナっ子に人気のスポットです。

強烈な日差しで火照った顔や体も森のおかげでクールダウン、ちなみにこのマングローブはキューバの国が出来る以前から生えているそうな(@_@)

森を抜けるとまたまた景色が一変、今度は海が見えてきました。

メキシコ湾を眺めながら走るこの海岸通りは通称「マレコン」と呼ばれ、朝から晩まで釣り竿をもった人やおしゃべりを楽しむ人で賑わうハバナを代表するスポット。

ガイドブックやテレビ番組では必ず登場する、ハバナのアイコン的な風景です。

気分は石原さとみです・・・

そのマレコンにあるこちらがアメリカ領事館だったのですが、大統領がオバマからトランプに変わって現在は封鎖中。

トランプはメキシコだけじゃなくキューバにも厳しいスタンスらしいですが、それとは裏腹にハバナの街では多くのアメリカ人が闊歩しています。

キューバ革命以前アメリカンマフィアがカジノや非合法行為の舞台となったのがこのリビエラホテル、その当時最新の技術をつぎ込まれたホテルは現在もひっそりと営業中。

こちらはハバナきっての老舗高級ホテル「ナシオナル・デ・クーバ(Nacionai de Cuba)」、現在でも大きな会議やイベントが開かれる由緒あるホテルです。

しかしガイドさんの話によると部屋のトラブルが多いので宿泊はあまりおススメしないとの事、場所も旧市街からは離れているので観光には不便な立地です。

ネガティブな面ばかりですが、部屋から眺めるメキシコ湾の朝陽や夕陽は絶景との事です。

この荘厳な建物は博物館だはなく現役の病院、キューバの医療水準は高く毎月のように日本から視察団がやってくるそうです。

国民なら医療費と薬は無料、教育費と共に社会主義国の「平等」をキューバ国民は享受できるのです。

潮の香りを受けながらのドライブは最高、これからキューバの隠れた最新スポットに向かいます。



革命広場の南側に立つキューバでは珍しい星型の高い塔がホセ・マルティ・メモリアル、このホセ・マルティもキューバ革命で活躍し「建国の父」と今でも絶大な人気でハバナ国際空港は彼の名前が付けられています。

広場と内務省のチェ・ゲバラの壁の方向に面する外側にはマルティの18メートル(59フィート)の白大理石像があり、それより高さの低い6本の大理石の柱が像を囲んでいて像の位置する土台部分は現在革命広場で集会が行われた際の演壇として使用されています。

広場を囲むように国立劇場・内務省・情報通信省・国立図書館・現共産党本部などここは政治の中枢で、革命広場付近はキューバの霞ヶ関といった感じです。

この広場には観光客を乗せたアメ車が集まり、その優美なスタイルを競い合っています。

我々の車は1950年製のポンティアックで車体はピカピカ、テールもエッジが効いて「カッコいい」の一言(^^)/

時代を感じるメーター類、速度計が20マイルで止まったままなのはご愛敬。

4つあるボタンはクラクションでキューバ人は運転中鳴らすのが大好き、スタイル以上にミュージックホーンにこだわりがあるそうです。

クラッチは見た目以上に滑らか、メンテがシッカリしていて大事に乗られているのがよく分かります。

一般的なアメ車はキューバ革命以前裕福なアメリカ人が自国から輸入し、運転手付きで乗り回していた車でその当時最新の車がステータスだったそうです。

アメリカ人はキューバ革命が起こったときどうせすぐに終わるだろうと車や別荘を残したままアメリカ本土に避難、それが国交断絶になったものだからキューバに帰って来れず車や別荘は現在もキューバ人が勝手に使っているそうです。

映画の世界でしか見たことがないクラシックなアメ車、やはりアメ車なくしてキューバは語れません。

革命戦士の活躍に触れまた数奇な歴史に惑わされたキューバ、気軽に日本から観光客が来る時代の今を革命戦士たちは空の上でどう見ているのでしょうか?



朝食も済みこれからオプショナルツアーに参加、高級ホテルの入口にはワンちゃんがマイポジションで朝寝中・・

ホテルイングラテッラの前で客引きをするアメ車のドライバー達、気になる運賃ですが時期や天気により変わるそうです。

大体1時間40CUCで下がっても35CUCまで、気持ちよく35CUCで手を打ちましょう(^^♪

ガイドさんがフロントまでお出迎え、ホテルの前にはチャーターしたアメ車のオープンカーがスタンバイ。

今日はHISさんの「プライベート・『いいどこどり』半日市内観光 クラシックカーと旧市街ウォーキングツアー(昼食付)」に参加、ツアー費は一人US$185とキューバの物価を考えればお大尽ツアー(@_@)

今から2時間オープンカーでの市内観光、快晴のハバナ市内を爽快にドライブがてら巡ります。

オープンカーとは言っても運行速度は30キロメートル、安全運転で優しい風が吹き込んできます。

どうですか、この抜けるような青空。

どこをとっても絵になる町並み。

クラシックなアメ車は現在も立派な移動手段です。

こちらがキューバ最高峰の学問府「ハバナ大学」、国内はもとより全世界から学生が集まっています。

キューバは教育費が無料、国籍を取得すれば幾つになっても大学で勉強することが出来ます。

こちらが旧市街と並びハバナを代表する観光地「革命広場」、ここでフィデル・カストロの名演説に民衆が歓喜した広場です。

新市街の中心に位置するこの革命広場には、二つのシンボルマークがあります。

一つは内務省の壁に掲げられたチェ・ゲバラの肖像画、キューバを語るうえでチェ・ゲバラなくしては語れないのでここで歴史を少々。

1492年コロンブスによって発見されたキューバ島はその後400年もの間スペインの植民地支配かに置かれ、そのスペインを追い出しにかかったアメリカの支援で1902年5月20日に独立を勝ち取りました。

しかし支援したアメリカがキューバに残り内政干渉を始め陰でキューバを支配、そのアメリカのいいなりだった時のバティスタ政権の冷徹な弾圧により国民の不満は募るばかり。

それに反旗を翻したフィデル・カストロと知り合ったのがアルゼンチン人のチェ・ゲバラ、医師でもあり革命家の彼がラテンアメリカの実情を憂慮し先頭に立って戦ったのが「キューバ革命」です。

キューバ革命が成就したのちチェ・ゲバラは国家の要職を歴任しましたが、現実主義のカストロと理想主義のゲバラは袂を分かち彼はその後コンゴやボリビアでゲリラ軍に参加。 最後はボリビアで政府軍に捕らえられ1967年10月9日に処刑されました。

最後に彼の名言を。

もし私たちが空想家のようだといわれるならば、
救いがたい理想主義者だといわれるならば、
できもしないことを考えているといわれるならば、
何千回でも答えよう。
「その通りだ」と。

そのゲバラの内務省横にある情報通信省の壁に描かれているのがキューバ革命に参加したカミーロ・シエンフエゴスの肖像画、自分の息子がスペインに誘拐された時「彼だけが息子じゃない、国民全員が私の息子だ」と戦い続け第二の英雄と称えられています。

アメリカの不穏な動きを偵察するため搭乗したセスナで1959年10月28日事故死、その事故について現在も諸説紛々だそうです。

彼の肖像画の下に書かれている文字は長い演説で有名だったカストロに向けたもので、「カストロよ、うまく伝わっているよ」とユーモラスな言葉が彼の人間性を現しています。

功績では彼の足元にも及びませんが顔のデカさは相方の圧勝、ハバナに着いたらいの一番に訪れたいスポットです。



ホテル一階が朝食会場ですが、その前にひと悶着ありました。

昨日チェックイン時バルコニー付きの予約も見事に部屋にはバルコニーどころか窓もナシ、朝食はナシで予約したら朝飯付きだと説明。

ははあ~~ん、キューバではありはなしの意味でまたその逆もあるのかな~って、どないせえっちゅうねん”(-”"-)”

キューバの朝食には全く期待せずバッフェのふたを開けてビックリ玉手箱、肉系のおかずがびっちり入っているではあ~りませんか(@_@)

三種類のフルーツジュースに新鮮なミルク、それにヨーグルトと予想を裏切る充実したメニュー。

何より目に付いたのが瑞々しいフルーツ、種類も豊富でこれだけ力強いフルーツは初めて。

今朝の朝食は肉類を中心にハムとチーズに目玉焼きとボリューム満点、パンも5種類から選べると至れり尽くせりでここがキューバだというのを忘れてしまいます。

このコロッケもキューバを代表する料理でぎっちり詰まった芋の優しい味が特徴ですが、若干粘り気があり口の水分をすべて持って行きそうです。

トマト風味のミンチは白ごはんが欲しくなる一品。

中身はレアでしたがミニハンバーグもなかなかいけますよ(^.^)

ハムとチーズをパンではさみ即席サンドウィッチの出来上がり~(^^)/

お待ちかねのフルーツ、パパイヤは程よい甘みにグァバは濃厚でマンゴは酸味が効いたどれもフレッシュな風味。

すべて満足いく物でしたが中でもこのパイが絶品、バター風味の生地に上品な甘みのマロンが絶妙に混ざり合い手が止まらない美味しさ(^^♪

食後のコーヒーですがこれが甘いのなんの(*_*;

キューバ人はコーヒーにしこたま砂糖を入れるのが当たり前、レストランでコーヒーが出てきたら砂糖を入れないで飲まないと一杯で確実に血糖値が30は上がりますよ(´Д`)



 ハバナの街並み

  2018年06月13日 (水)

おはようございます、キューバ滞在二日目は晴れのスタート☀

宿泊しているホテルイングラテッラの前にはタクシーが常に待機、市内移動やオープンカーのアメ車での市内観光など24時間便利この上ないホテルです。

クラシックなアメ車が並ぶ光景、キューバに来た実感が湧く光景です。

この日は9時からオプショナルツアーを申し込んでますが、昨日市内到着がPM7時だったので街の位置を把握するために早朝散歩に出掛けます。

ホテル前のマルティ通りを北に進んだ先にはハバナ湾が見えてきます。

この日は日曜日とあって人影もまばら、明るい時間に初めて見るカラフルなハバナの街並みは息をのむ美しさです。

とにかくハバナの街には犬と猫が多いですが、どちらも慣れているのか人間にはあまり愛想をしません。

セントラル公園にはたくさんのアメ車が駐車、クラシックな建物とキレイに収まるここが一大撮影スポット。

セントラル公園から走る通りの一つ「San Juan de Dios」通り、一見廃墟のように見える町並ですがレストランやお土産屋さんなどがひっそりと営業してます。

ハバナの中心街は一階がレストランやショップが入りますが二階以上は住居、屋上にいる放し飼いのニワトリの泣き声が響くのもハバナの朝の光景です。

キューバ人の朝は早く7時でも街中には多くの人が働いていますが理由は一つ、昼間は気温がかなり上がるので涼しいうちから働き暑くなったら休むそうです(*_*)

ここまでハバナの街並みを見てきましたが、何か感じません?

広告の看板がほとんど見かけないでしょ(・_・;) 社会主義国なので宣伝の看板は昔から必要なかったそうです。

相方が「おはようございます」と言ってます・・・

日本でもたばこのポイ捨てはバッドマナーですがここはキューバ、ポイ捨てされてるのは犬の〇ンと間違えそうな葉巻(・・?

街中や観光地至る所で見かける「CASA」の文字、このCASAは民泊で細い路地で営業していて場合が多いです。

そこらじゅうにあるので宿泊に困ることはありませんが、細い路地でなのでタクシーが入って来れないデメリットもあります。

こちらはおしゃれなレストランやバーが立ち並ぶO’Reilly通り、しかし見た目は先ほど通りとなんら変わりません。

ここがキューバ一の繁華街「OBISPO(オビスポ)」通り、ヘミングウェイが入り浸っていたバー「フロリディータ」からアルマス広場まで旧市街を東西に走る歩行者専用道路です。

まだ時間が早いので人影もまばら、これはこれで貴重なショットです。

使えるかどうか不明の公衆電話にATM(これ重要)もこのオビスポ通りにあります。

ここで一度説明させてください。

今回のキューバ旅行でたびたびこの様な写真が登場しますが、出発前キューバ旅行の資料として購入した石原さとみの写真集に感化された相方。

写真集に似たシチュエーションに出くわすせば同じポーズを撮りたいと、50手前にして宗教が変わったのか無理を言い出す始末。

お見苦しい点が多々あると思いますが、ご了承の上ブログをご覧下されば幸いです(>_<)

オビスポ通りの終点がヘミングウェイが愛したバー「Floridita」、ダイキリが有名でそれを目当ての観光客でお店はハバナ随一の密集スポット。

どの時間に行っても店内はカオス状態、ゆっくり飲みたいなら他を当たって下さい( 一一)

グルっと回ってセントラル公園に戻って来ました。

旧市街の地理も大体把握できたのでこれからの街歩きは問題なし、お腹が減ったので朝食に向かいます。



請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.