大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

釧路方面に戻る途中にある景勝地が弟子屈町にあるこちらの「900草原」。

敷地内に入ると目の前に現れたのは放牧中の乳牛、こちらでは約2000頭の乳牛が飼育されています。

これぞコロナ禍以降初めてのお約束の一枚、生き生きしたその表情に少しウルっと来ました(^^ゞ

こちらの無料展望台に上がります。

360度見渡す限り広がる様々な緑の絨毯、まさに北海道のアイコン的牧歌的な絶景が広がります。

我々以外に人がいないのでなおさら開放感全開、きれいな緑と美味しい空気を堪能しました(^^♪

この日晴れですが遠くは霞んでいてクッキリとは見えませんでしたが、気象条件が良ければ展望台からは摩周岳・硫黄山・藻琴山・阿寒岳などの山々に太平洋方面には遠く釧路湿原も見渡すことができます。

あまりの暑さに木陰に集まる乳牛さん、大自然の中でここだけは三密でした((+_+))

北海道らしい大きな屋根の付いた国道を走る事10分もせずに・・・

フロントガラスを激しく叩きつけ視界不良になるほどのゲリラ豪雨、大自然の怖さを体感しこのまま早めに釧路市内へ移動。

ところが小雨になって来たので急遽鶴居村にある「鶴居どさんこ牧場」。

鶴居どさんこ牧場は「どさんこ」によるホーストレッキング(乗馬)が楽しめますが、予約制で飛び込みで行ったらNGでした。

牧場ではどさんこを1年を通して昼夜放牧されており釧路湿原国立公園などを巡るホーストレッキングで活躍しています。簡単な軽食喫茶コーナーや宿泊施設を備えるセンターハウスとここではどさんこを眺めながらのんびりした時間を過ごすことができます。

乗馬は体験できませんでしたが牧場見学は可能との事、数え切れないどさんこ達がのんびりと過ごしています。

そのどさんこが突然私たちの元に、撫でても嫌がらずとても人懐っこいどさんこ(*´ω`*)

ラビスタ阿寒川のエゾジカにキタキツネやここのどさんこ、北海道の動物は人間の喜ばし方を心得ていますね(^^;

こちらは乗馬用のどさんこで1日かけて釧路湿原国立公園内を探勝する所要時間約5時間のホーストレッキング、どさんこに乗って釧路湿原の雄大さを実感できる絶景の展望スポットに向かうコース。

想像するだけでワクワクする乗馬、今度はちゃんと予約してトライしたいと思います。

どこを切り取っても絵になる風景、北海道の大自然は胸に染みるシーンの連続です。



屈斜路湖から釧路方面に向かう道中で唯一の見学場所である「道の駅 摩周温泉」。

北あかりに山わさびと道産の新鮮な野菜が並ぶ店内、素朴ですがやはり道の駅はこうでなきゃ(^^;

飲食コーナーではえぞしかバーガーや、弟子屈バーガーなるご当地グルメも楽しめそうです。

いかにも甘そうな摩周産のとうきびに、アクセサリーやバッグなどエリア内在住の製作者とお客さんをつなぐコーナーなど地元愛にあふれた構成。

それもそのはずで道内でここ摩周の里が全道の道の駅の中で人気ナンバーワンだそうで、観光客に限らず道民からも支持を集める施設です。

シシャモ・鮭・鰯のスナックにスイーツなど東北海道選りすぐりの味コーナー、広範囲をカバーしているのでお土産探しにもってこい(^^;

道の駅摩周温泉には足湯があり敷地内には釧路川も流れ癒しスポットがいっぱい、昔懐かしい風情を残す素敵な道の駅でした(*´ω`)

※ 9月21日の営業ですが上肉とホルモンに売切れの品が多いため、20時閉店とさせていただきます。 



営業再開初日にたくさんのお客様にご来店頂き感謝ですが、約半数のお客様が初めての方で本当に嬉しかったです。

明日以降も手洗い消毒を徹底して、また皆様に安心してお食事して頂けるよう細心の注意を払って営業させていただきます。

(道東旅行に戻します)帰り支度をしていると阿寒川に偶然現れたキタキツネ、エゾシカも見れたし彼らは自分の見せ方をよくご存じの様で(^^;

この日はノープランですがその時の気分での観光、まず始めは宿から10分の所にある景勝地へ。

だだっ広い駐車場脇の坂道を渡る事3分で目的地に到着。

ここ「双湖台(そうこだい)」の展望スペースからは森の中にアイヌの言葉で「上の湖」を意味するパンケトーと、「下の湖」を意味するペンケトーと名付けられた2つの湖を見ることができます。

パンケトーは原生林に隠れて見えにくくなっていますが、ペンケトーは北海道の形をしていることで有名です。

この展望台にあるのは動くかどうかわからない望遠鏡のみ、お店もないしパンケトーは全く見えないといきなり寂しい観光となりました(;_:)

双湖台から車で5分、ここ「双岳台(そうがくだい)」は国道241号線の足寄から阿寒湖を抜けて弟子屈までを結ぶ「阿寒横断道路」にあります。

この阿寒横断道路は北海道屈指の山岳ワインディングロードでこの双岳台(標高757m)が実質上の峠となります。

双岳台からは広大な樹海と雄大な雄阿寒岳・雌阿寒岳を望むことができますが、如何せん案内板も売店もトイレも何もありません・・・

ワインディングロードを何とかクリアしたらこんな素晴らしい景色がお出迎え、観光地じゃなくても一般的な風景が絵になるのが北海道の魅力です。

見事なまでの一本道、逃げ水現象が見られ北海道でのドライブは驚きと感動の連続です(*´ω`)

次にやって来たのは日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」、その中でももとは屈斜路湖に浮かぶ火山島だったのが土砂が堆積して湖岸とつながったのが和琴半島。

地熱が高く酸性が強い土壌のためヒメスゲやテンツキ・コケ類のみが生息、冬も雪が積もらず食料(コケ)に恵まれているため一年を通してマダラスズなどのコオロギやバッタの仲間が生息し冬でも虫の鳴き声を聞く事ができる特殊な場所です。

短い夏を屈斜路湖で楽しむ道民の皆さん、北海道は広いから内陸部から海岸へは簡単にアプローチ出来ないので大変ですね(^^;

水温と味を確認して屈斜路湖の観光は終了、お友達にこの後美幌峠と摩周湖を勧められましたが双湖台と屈斜路湖でお腹はいっぱい((+_+))

釧路市内に戻る道すがらの観光に変更します。



 営業再開&W復活

  2020年09月18日 (金)

この度は多くのお客様にご心配とご迷惑をおかけし、この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。

9月18日に琢ちゃん・親父・お袋の経過観察期間が過ぎ、店主の私を含めて体調に問題がありませんので9月19日より営業を再開させて頂きます。

宿泊療養終了後従業員皆で「なぜ私だけ感染したのか?」と話し合いの結果、私の手洗い消毒が疎かになっていたとの結論に至りました。

明日からは従前以上に手洗いを徹底致します。

手洗い同様に消毒も今まで以上にこまめに致します。

またしばらくの間は手袋を着用致します。

またお客様にはご来店時の消毒に加え、検温のご協力をお願いします。 体温が37度以上のお客様は基本ご入店をお断りします。

全てのお客様の安全のために、ご理解とご協力をお願い致します。

明日からの4連休中及び連休明けは変則営業とさせて頂きます。

19日(土) ~ 21日(月)  17:00 ~ 22:00

22日(火) ~ 23日(水)  休業

24日(木)から通常営業の予定です。

試運転的な意味合いの営業でメニューも限定しての再開、仕入れ量も抑えますので特に21日にご来店をお考えのお客様は事前にご連絡下さいませ。

約二週間の臨時休業の理由が理由ですから、皆様に「食べに来てください」とは言えません。

お客様の私と請来軒への不安が払拭されましたら、当店は喜んでお客様をお迎えさせて頂きます。

明日から店主は復活しますが、10月1日より生ビールがアサヒビールのマルエフからキリンビールのブラウマイスターに変更となります。

火災後仮店舗で提供をしていましたが約4年ぶりの復活、香りものど越しもホップの旨味も日本の生ビールでは一番美味しいと自信を持ってご提供出来るブラウマイスター。

店主共々、ブラウマイスターもよろしくお願いします(^^)/



 ラビスタ阿寒川(朝食編)

  2020年09月17日 (木)

おはようございます☀

北海道滞在二日目は雲一つない青空、木々の緑が眠気まなこには眩い朝です。

今日も阿寒川は清らかな流れ。

朝食前に自室の檜風呂で目覚めの入浴、こんなシチュエーションでのお風呂なんて贅沢の極み(*´ω`)

朝食会場は夕食と同じくこちら「ワッカピリカ」、朝もリバービューのカウンター席で目の前には阿寒の自然が広がります。

夕食時に朝食が和食と洋食どちらかを選べますが、二人なのでもちろん両方をオーダー。

(座付)
濃い別海町の牛乳に、地元産の甘~いトマトジュース。

運ばれてきた、こちらが和食膳。

小鉢は鱒醤油イクラ・チンゲン菜のお浸し・めかぶ酢・玉子焼き 海老おぼろあんかけ

作り置きかは不明ですが温かった玉子焼き、めかぶの酢の物は酸味が立っていない優しいお味で体が喜ぶ一品。

(焼物)
紅鮭・ししゃも・焼板・山海漬け

自分の好みに焼く焼魚は王道のシシャモ、香り・食感・身の締まり具合とこれはごはんじゃなくお酒のお供(^^;)

鮭は味気ないかと思いきや旨いがドンドン染み出る上物、いつの世もどこでも日本の朝には焼鮭が欠かせません。

何より驚いたのがごはんで蘭越産ゆめぴりかは甘いの一言、米粒も立ちピッカピカに輝いています。

大ぶりの浅利がギッシリ入ったお味噌汁は甘めの味噌と磯の香りが絶妙にマッチ、また魚のあらでごはんがススム君です(^^♪

和洋両方に付いているこの「阿寒鍋」は豆乳鍋がベースで季節野菜がメイン、これまた夕食と同じく今度はミックスチーズを溶かしていただきます。

大地の恵みというかお野菜がめちゃくちゃ甘い、インカのめざめなんて大学イモみたいに甘くてほっこり(^^)

相方の洋食膳はソーセージ・オムレツ・グラタンがメイン、特にソーセージは肉汁たっぷりスパイスも効いてさすがは酪農王国北海道(^^;)

クロワッサンを始めとした焼き立てパン、美味しいのはもちろんのことバケットの底には保温用の石を敷いてる心遣い。

虎杖浜産のたらこは皮は薄く味は濃い、これだけで一膳は楽勝です(*^^)v

取っておいた座付のイクラをごはんにダイブ、朝からこんな贅沢したらバチが当たりそう(^^;

黄粉・黒蜜・グラノーラがのったヨーグルトで朝食は終了。

爽やかな景色を眺めながら体に優しい食事と自然が味わえるラビスタ阿寒川さん、一泊だけじゃもったいなく連泊してこそその良さがわかる秘境の素敵なお宿でした。



(止肴)
冷静蝦夷鮑茶碗蒸し

各々別の料理を注文した止肴、こちらは大ぶりのアワビがドカンと入った冷たい茶碗蒸し。

関西風の薄味の生地に少し濃い目の生姜あんが疲れた胃袋に染み渡ります。

(止肴)
大助田舎煮

大助とは時鮭の別名で「鮭の大介」とも表記されるこの鮭は脂肪分が多く時鮭のなかでは最高峰とも言われている鮭、でもその脂をお味噌がふんわり包み糸唐辛子がいいアクセントになっています。

名残惜しいですが最後は旭川市の「国士無双 特別純米」で締め。

(食事)
北寄貝のライスカレー

懐石料理の食事がカレーとは反則ですがマイルドな辛さに北寄貝の磯の香りが嬉しいコラボ、カレー好きには文句なしの〆カレーでした!(^^)!

(食事)
雑炊

先ほど食べたコタン鍋のスープにごはんと玉子を溶いて雑炊に、カニやフグに勝るとも劣らないこの雑炊で幸せな気分に(≧◇≦)

(氷菓子・甘味)
富良野メロンプリン メロン・葛饅頭

地場のマスクメロンに地場の葛饅頭、デザートまで抜かりはありません(^.^)

ラビスタ阿寒川さんの料理は随所に北海道を散りばめた郷土色あふれる素晴らしい構成、観光客をもてなす心遣いが嬉しい最高の夕食でした。

こちらの夕食時間は17:30~と20:00~の二部制、20時からのゲストには小腹凌ぎでパンケーキのサービスがあります。

またアイヌ語で仲間を意味する「集い処 ウタル」では、毎晩夜鳴きそばのサービスがあります。

チャーシューもメンマも入ったラーメンは醤油味の本格派、腹パンにも関わらず貧乏性なのでありがたくいただきました(^^;

心も胃袋も大満足の夜、部屋で川のせせらぎを子守唄にいい夢が見れそうです。

おやすみなさい☆zzz・・・



 ラビスタ阿寒川(夕食編②)

  2020年09月15日 (火)

◆ この度はご心配とご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ありませんでした。

  営業再開までもう少しお時間を頂きますが、北海道旅行の続編から再開させて頂きます(^^ゞ

ビール一辺倒の相方は置いといてこの辺で日本酒にシフトチェンジ、メニューには地元北海道の蔵元が並び悩んでしまいます(ノД`)

でもそんな時有難いのが利き酒セット、まずはこれからスタートです。

細長く飲みやすいグラスで北海道を代表する銘酒が登場、おまけに鮭とば付きと左党の気持ちをよくご存知のセットです(^.^)

(焼物)
ラムチョップ香草焼き

食べ応えあるサイズにあふれる野性味、パン粉にはマスタードも混ぜてあり羊の脂を上手く融和しています。 またとうきびにアスパラと大地の恵みに北海道の爽やかな風を感じました(^^;

ラムに合すのは札幌市の「千歳鶴 なまら超辛口」、確かに辛口ですがほのかな酸と抜群の切れ味が羊肉と好相性(^^♪

(台物)
コタン鍋 ブイヤベース仕立て 津和井蟹・ホッケ・めぬき・ロメインレタス・軟白葱・占地・芋餅・豆腐・うどん

左はタラによく似た淡白な白身の「めぬき」、右はこれも北海道ならではで鍋では珍しい「ホッケ」。

煮込んでもシャキシャキ感は残るロメインレタスに、魚貝の出汁が凝縮されたブイヤベースのスープ。

出汁と魚から出た旨味の相乗効果で一段と旨味の増しためぬき、これだけでも十分なんですが・・・

これに特製チーズソースをかけるとコクと深みが出てワンランク上の味に昇華、少しミルクが勝ったこのソースは売ってたら絶対買うのにな~(^.^)

道民大好物の芋餅もさり気なくお鍋に、食で北海道を感じさせる心憎い献立です。

〆のうどんを入れた時点でもはやブイヤベースからポタージュスープに変身、見た目濃厚ですが一つ一つの素材が良いので全ての具材が絶妙な塩梅です(^^)/

鍋に合す旭川市の「男山 国芳乃名取酒」は大雪山の伏流水で仕込んだ純米酒で、シャープな切れ味ですっきりしながら芳醇な旨味が広がり濃い目の料理にも負けない力強い日本酒です。

私が北海道の蔵元さんで一番好きな地元・釧路の「福司 特別純米」、これだけは料理に合わせず純粋にお酒だけを味わいます。

静かな飲み口ながら香りと旨味が急激に膨らみ、その余韻が長く楽しめる理想的な日本酒なんです(^_-)

夕食はいよいよ佳境に入ります。



 コロナを振り返って

  2020年09月14日 (月)

本日9月14日(月)で保健所から隔離ホテルにての宿泊療養解除との連絡をいただきました。

これにより今日「退院基準」を満たした時点で「就業制限の規定の対象者」ではなくなりますので、厚生労働省の「令和2年2月6日健感発 0206 第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知」のなかで、

第2 就業制限に関する基準により明日より職場復帰が可能との事です。

私も含め従業員全員の陰性が確認されましたが、請来軒の営業再開時期は未定です。

今回37.6度になり軽い夏風邪ぐらいの症状で現に熱発は一日限りですぐに普段の体調に戻りましたが、相方の虫の知らせでPCR検査を受けた結果「陽性」でした。

ただ陽性判定のあと宿泊療養まで5日を要したり毎朝の健康調査以外何も連絡が無かったし、自宅にいても常に消毒と移動制限なので精神的な負担が大きかったです。

本音を言うとコロナ感染防止なんていくら注意しても誰にもかかる病気、こまめに手洗いするくらいしか手立てはなくそれでもかかります。

世の中私みたいに軽症の陽性者はたくさんいらっしゃると思いますし、それに気付かず日常生活を送らていると思います。

今回感染して見方が変わったのがテレビでよく言われる「感染経路不明」で、とある情報番組の司会者が「不明なことが分からない」旨の発言をされてました。

誰でもコロナがそこにいるなら近づかないし、目に見えない物だから安全だと思われる場所でも感染してしまうのです。

また感染前は私もPCR検査を増やして陽性者を隔離すれば社会経済は動くと思ってましたが、それをするなら一旦社会活動を大幅に制限することにつながります。

私が感染しちっちゃな請来軒でさえ多方面にご迷惑をかけた状況、多くの方が無症状陽性者としてあぶりだされた時その周囲の方も対象になるのでその影響は甚大なものになると思われます。

感染者数のデーターが増え研究も進み条件が緩和されてきましたが、第一波の時の医療と保健所の現場はきっと修羅場だったでしょう。

第一波の時は37.5度以上の熱が4日続いて初めてPCR検査出来るかの判断が受けれる、でも今では民間医療機関でPCR検査を受けて下さる所も増えてきました。

コロナは誰にでもかかる病気、せめて毎日体温を測り自分の体調変化に注意して生活する事が大事ではないでしょうか。

今回PCR検査でお世話になった南港病院さん、大阪市淀川区役所保健福祉課さん、陽性者との窓口になった大阪市新型コロナ受診相談センターさんには厚く御礼申し上げます。

最後に名前は伏せておきますが宿泊療養でお世話になったホテル関係者の皆さん、キレイで快適な室内で静養出来たのでいつかお礼方々泊まりに来ますね。

※ 請来軒の営業再開は決定次第、当ホームページにてご案内させて頂きます。



 コロナ隔離グルメ

  2020年09月13日 (日)

宿泊療養中毎日3回食事が提供されます。

8:00・12:00・18:00になったら「お食事の準備が出来ました」との館内放送、マスク着用で廊下にある机へ自室の部屋番号が付いた食事をピックアップします。

初日の夕食はコロッケ・トンカツ・エビフライのミックスフライ、陽性判明後すぐに隔離されると思っていて自宅では店屋物ばかりだったので揚げ物は久しぶり。

ごはんは茶碗一杯分でふりかけが少々、お茶は自宅から持参しましたが煎茶のティーパックが用意されています。(部屋に電気ケトルがあります)

2日目の朝食は肉そぼろ入り玉子焼き・ポテトフライ・ビーンズ、特に好物のビーンズはどこかメキシカンな味付けでベーグルに良く合いました(^^♪

ポテトも甘くてマ〇ドのポテトとは大違い。

2日目の昼食は何年ぶりかに食べるドライカレー、程よい辛味とスパイスに上にのった甘めの肉そぼろが絶妙。

少し冷めてもこの美味しさ、これが出来立てなら・・・(*´ω`)

2日目の夕食は餃子・肉団子の甘酢かけ・高野豆腐の中華弁当、餃子はタレがなくても下味がシッカリしているので美味。

ビールなしに餃子を食べたのはいつ以来であろうか(・_・;)

3日目の朝食はウィンナーフライ・マカロニサラダ・ポテトに食パン、公費で泊まらせて頂いているのになんですがこの食事に愛は感じられませんでした。

マカロニ・ポテト・ゆで卵全てが冷たくて硬い、この日は日曜日だから仕方ないのかと割り切りましたが・・・

3日目の昼食は冷たいぶっかけうどん、白ごはんとパンが続いたので口が変わって嬉しいです。

しかし添えられていた冷めた竹輪の天ぷら、こんなに美味しかったっけ(*´ω`*)

3日目の夕食はトンカツ・グラタン・ひじき、今晩は焼肉かな?って予想したらまた揚げ物。

でも豚の脂身が甘く感じ、体が脂を欲してたみたいです。

普段から食事は一日2回に不規則な食事時間でここでは3食出てきますが食べれても半分くらい、50過ぎのオッサンには十分な量ですが若い方は足りないかも。

小腹が空いたときは持参したおやつタイム、日常生活で食の持つ意味と大切さを実感した隔離グルメでした。

(追伸)

琢ちゃん(家族を含む)と親父お袋は自費と大阪府のPCR検査の二回とも陰性反応でした。

当の私は体調に異変がなければ、明日隔離ホテルから退所の予定です。



 その時家族は

  2020年09月12日 (土)

発症日から二日間は最高37.7度まで発熱しましたが、それ以降今日まで体調は普段と変わりありません。

私が感染したことによって、多くの方々特に身内には大変迷惑を掛けてしまいました。

今回周りの人の状況や動きをご参考までにご紹介します。

(相方)

会社に連絡してしばらくの間出勤停止、濃厚接触者に該当するので大阪府のPCR検査を受けることになりました。

また会社で相方の前に座っている同僚の方も一週間の出勤停止の処置がとられたそうです。

(身内・妹)

上の妹と私はひと月に一回会うぐらいで感染の一週間前店に雨宿りをしに来ましたが、その時も2メートル以上は離れて会話もそんなにしませんでした。

妹の会社は身内に陽性者が出ると報告の義務があるらしく、伝えるとしばらくの間出勤停止になりました。

(琢ちゃん)

相方と同じく大阪府のPCR検査を受けましたし、姪っ子も登校出来なくなりました。

(請来軒)

私は発症した翌日5日から休んでおり、営業は6日から臨時休業中で、企業・学校の対応はそれぞれのコンプライアンスによりご判断をされています。

只今隔離ホテルにて宿泊療養中ですがホテルには医師が常駐していなく、看護師の方が感染者の対応に当たっています。

この環境下請来軒のお客様で実際にCOVID19診療にもあたっている呼吸器内科の医師に相談、最前線の情報を頂きましたので皆様と共有したくご案内します。

(呼吸器内科医から頂いた見解)

厳密に言うと、新型コロナのPCR検査の感度は70%ほどなので、本当は感染していても30%の確率で陰性と判定されてしまうのです。

発症した日の前後2日くらいが最も感染力がある期間です。

仮にその期間に人に移したとして、発症するまでが2−7日程度。MAX10日程度です。

発症されて10日経過して、誰も家族や従業員に症状が出ていないのであれば、何も心配なさる必要ありません。

お店やご自宅にコロナウイルスは残存したかもしれませんが、環境中のコロナウイルスは、除菌しなくても72時間程度で死にます。

厚生労働省は、「令和2年2月6日健感発 0206 第1号厚生労働省健康局結核感染症課長通知」のなかで、

第2 就業制限に関する基準

法第18条の「まん延を防止するため必要があると認めるとき」とは、新型コロナウイルス感染症患者又は無症状病原体保有者が就業しようとする場合とする。
なお、第1の退院に関する基準を満たす場合は、同条の規定の対象者ではなくなるものとする。

と定めており、上記の「退院基準」を満たした時点で「就業制限の規定の対象者」ではなくなります。

なお、入院でなく自宅療養や宿泊療養の場合も、退院基準を満たしていれば職場復帰が可能となります。

退院の基準を満たすと「就業制限の規定の対象者」ではなくなる。

以上との見解を示して頂いたので、私を含めて従業員全員が基準に達したら営業を再開したいと思います。

(追伸)

本日相方のPCR検査の連絡があり、「陰性」の判定が出ましたことを付け加えさせて頂きます。



請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.