大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

チムジルバンから歩いて夕食場所へ移動しますが通りは真っ暗、人気もなく大都会ソウルのエアーポケットみたいなさみしい夜道を進みます。

実は金浦空港に着いてからスマホをレンタル、これさえあれば見知らぬ土地でも迷わず歩けるので便利ですがやはりガラケーは手放せません(^^ゞ

ソウル最初の食事は東大門市場近くにあるこちらのカンウォンチッ(강원집)さん、ナント24時間営業なので時間に制約のある旅行者には有難いお店です。

今年も相方のお友達の誕生日祝いを兼ねた夕食、テーブルと小上がりのスタンダードな店内。

一品で勝負のお店がほとんどの韓国にあってこちらはサムギョプサル・ダッカルビ・チムタッ・ポッサムに、参鶏湯・石焼ビビンバ・キムチチゲとポピュラーな韓国料理が一度に味わえる珍しいお店です。

乾杯のCassがチムジルバンでカラカラになった喉を爽快に通って行きます。

今晩のお目当てはこのカムジャタンは豚のしっぽと背骨を長時間煮込んだスープをベースに粉唐辛子とゴマやニンニクで辛みのスープを作り、それにネギやエゴマの葉にぶつ切りのジャガイモ(韓国語でカムジャ)を入れて煮た鍋。

一番小さいサイズを注文しましたが、50の三人組にはちょうどいい量です。

パンチャン(付合せ)はキムチにナムルとシンプル。

ぶつ切りの骨付き豚肉がカムジャタンの命、しかしこのままかぶりつけば口が血まみれに・・・

お皿にとりわけお箸で骨と骨の間にあるお肉をそぎ落とす、そしてそれをスープに浸したりわさびを付けて食べるのが一般的。

たくさん投入されたニンニクとエゴマのおかげで獣臭さは一切なし、でも豚肉本来のうまみはシッカリ感じれます(^^)/

カムジャタンもう一方の主役であるジャガイモはホクホクとしてその甘みと豚肉が絶妙に混ざり合い、巻いて食べたりそのままでもOKのえごまの葉がいい仕事をしています。

ここでビールからソジュ(韓国焼酎)にチェンジ、少し甘めの焼酎と辛い料理の取り合わせこそが韓国料理の醍醐味!(^^)!

もう一品注文したのがこのチョッパル(豚足)、日本の豚足と違い様々な香辛料で煮込まれています。

ぬくぬくでサーブされたらお話しを中断してお箸を伸ばす、冷めたら硬くなり旨さも半減するのでカニと同様黙々と食べましょう。

そのままで豚足をストレートに味わうもよし、葉っぱに巻いてキムチやニンニクと一緒にパクリもよし(^.^)/

食事の〆は悩むとこですが今回はラーメンをチョイスし麺と一緒に美味しいスープを飲み干す、一つの料理で何パターンも楽しめるのが韓国料理です。

骨まで愛して、最後の一滴まで飲み干してソウル初めての晩餐は終了。

カムジャタンもチョッパルも専門店に比べたら味は落ちますが一度にいろんな韓国料理を味わえる「カンウォンチッ」さん、東大門ファッションビル群の至近距離で24時間営業と旅行者には有難いお店でした(^^♪

体の中から温もったせいかソウルの寒風も心地よく感じる夜、今回もどんな料理と出会えるか楽しみです(*^^)v



 ソウル一発目はSPAREX 東廟店

  2019年01月21日 (月)

今から地下鉄に乗ってチムジルバンに向かいます。

今回も観光は一切せず、グルメとチムジルバンしかありませんのであしからず(*_*;

車窓を流れるきれいな漢江の夕暮れ、ちょっぴりセンチな気分になります。

降り立ったのは地下鉄1号線と6号線が交わる東廟前(トンミョアッ)駅6番出口、そのすぐ右のビルの12階に目的のチムジルバンがあります。

色んな意味で寒いからスルー<`ヘ´>

きょうはこのSPAREX 東廟店(스파렉스 동묘점)でチムジルバン、料金はW9000(夜間は高くなります)。

この先写真はNGなので先に感想から言うと施設がキレイでお風呂も休憩所も広々、系列店がお隣の東大門にありますがこちらの方が地元感がありゆったりと過ごせます。

男性のテミリ(あかすり)はシンプルにアカスリだけならW15000、それにマッサージをプラスしたらW20000~W25000です。

ただこの日は日曜日で大混雑のためアカスリはパス、韓国では休日に家族そろってチムジルバンに行くのが普通なんだそうです。

外国人観光客用か館内至る所にある英語と怪しい日本語表記、これはこれで助かります。

チムジルバンには珍しくトレーニングルームを完備、しかし中に入ってチャレンジしようも器具の9割に「故障」の貼紙が((+_+))

施設から清潔感にお風呂の種類に種類の多いチムジルバン、どれもが満足するレベルで東大門市場までも徒歩圏内とアクセスも良いSPAREX 東廟店でした。



三泊お世話になるお部屋は6階の613号室、私にとって613と言う数字は二人の結婚記念日と相方の誕生日の真ん中と分かりやすい部屋番号。

この番号を相方に振ると「これは無意味の語呂合わせやね」と一蹴、今年も相方とのやり取りには紆余曲折がありそうです(・_・;)

ドーミーインはあくまでビジネスホテルなので部屋のカテゴリーもシンプル、我々はツインルームをリザーブ。

滞在を楽しむには狭いですが、寝るだけなら問題のない広さ。

でも枕とシーツはチープで、快適な睡眠を望みたいなら韓国焼酎を煽ってから寝ましょう<`ヘ´>

着心地の良い室内着に室内外で履ける二種類のスリッパ、日本からは替えのパンツだけお持ちください<(_ _)>

安心のセフティーbox完備、使用方法も猿でもわかるくらいシンプル(T_T)

コンセントは他のホテルに比べると盛りだくさん、一ヵ所だけ日本の110Vがあり変圧器なしで充電が可能です(^^)v

どデカイ加湿器がありますが、冬季なのでそれでも室内はかなり乾燥してました・・・

毎日二本サービスされるミネラルウォーターが入った冷蔵庫、でも電源をONにしないと冷えないのでご注意を。

入口横にあるシンクの下にあるグルーミングセット。

トイレはもはや標準になりつつあるウォシュレット、バスタブは深くソウルで「いい湯だな~(^^♪」が堪能できます。

アメニティは一通り揃っているので何度も言いますが替えのパンツだけで十分、しかし滞在中このバスタブに浸かるどころかシャワーも浴びませんでした。

今回このホテルに決めた最大の要因は地下にある大浴場、高温・低温(シルキーバス)・水風呂があり好きな時間に入浴が楽しめます。

おまけにサウナ(それもテレビ付き)も完備してあるので汗をかいてリフレッシュ、チムジルバンはチョット・・・の方には最高の大浴場です♨

貸し出しのアイロンに毛布、それに写真は取り忘れましたがファブリーズの親戚も室内にあるので消臭対策もバッチリ(*^^)v

どこをとってもおもてなしに溢れた「ドーミーインSEOULカンナム」、我々の6階からの眺めはイマイチでしたが16階まであり高層フロアならソウルの街が一望できるので予約の際リクエストを忘れずに(^^ゞ



金浦空港から地下鉄9号線の急行(ソウルメトロで急行があるのは9号線のみ)乗り換えなしで約40分、新論峴(シンノニョン)駅4番出口から歩くこと5分の所にある今回の宿泊先。

空港からわずかW1500と200円で市内に移動できる、旅行者にとって世界各国地下鉄は有難い交通手段です。

地上に上がるとホテルまで続く旅行者に優しい急坂がお出まし、幸いに道路が凍っていませんでしたがそれでもかなりの負担がかかるいばらの道(;_:)

坂を見て牙をむいた相方、召使いのようにスーツケース二個を引っ張り泣きながら急坂を上る哀れな私(>_<)

近くて遠い宿泊先が見えてきました(道は真っすぐなので迷いようはありません)。

駅から2分でまず見えてくるのが「ルメリディアン・ソウル」(旧ザ・リッツ・カールトン・ソウル)、江南エリア屈指の高級ホテルの前を素通り。

その横にあるのが「ノボテル アンバサダー ソウル カンナム」、施設が充実していて空港リムジンバスの乗り場があるホテルの前を素通り。

その横にあるのが今回の宿泊先「ドーミー イン ソウル 江南」、日本でもお馴染みのあのドーミーイングループのホテルです。

こじんまりとしたフロントにビジネスホテル並みのロビー、でも嬉しいことに韓国茶とコーヒーのサービスと無料のPCがスタンバイ。

フロントスタッフの胸元に日本国のバッジが付いているスタッフは日本語可能、丁寧な日本語を話され居酒屋のアンちゃんより聞き取りやすいです(^.^)

ロビーにある秤は荷物の重さをはかるのに重宝、LCC利用の方には有難いです。

ホテルから江南エリア(地下鉄江南駅・駅三駅方面)に江北エリア(地下鉄明洞駅・ソウル駅方面)に出ている無料シャトルバスの時刻表、大変便利ですが所要時間が若干かかるのでお急ぎの方は自力で地下鉄かタクシーを利用しましょう。

ホテルの備品で勝手に自撮りした不気味な一枚、このブログで初めて気付きました(ノД`)・゜・。

次回は室内編をご案内します(^.^)



1月某日、私の一番好きなお寿司屋さん「釧路四季彩」さんがまたまた関西に登場。

場所は十三からだいぶ不便な京都駅にある伊勢丹、でも近くであの味が楽しめるなら苦にはなりません(^^ゞ

四季彩の大将と女将さんに年始のご挨拶<(_ _)>

催場にあるお店でアルコールをゲット、初めての流氷DRAFTは香り芳醇でクリアな味。

魚に合す日本酒は増毛町の「純米 吟風国稀」、チョイ辛口でお米の旨味がじんわり広がります。

ネタケースの中には水しぶきをあげて今にも泳ぎ回りそうな北海の海の幸、これだけでお酒が飲めます(*^^)v

この日は連絡せずお邪魔したので握りのスタート、私の好みを知っている大将お任せ握り。

昨年高島屋大阪店と規模は違うので、今回はお寿司をじっくり堪能(^^)/

中でも今や幻となりつつある「ブドウ海老」は相方が死ぬほど大好きなので私の分もプレゼント、それを食べた相方はあまりの旨さに悶絶(◎_◎;)

安定した美味しさの「つぶ貝」は当然生で磯の香りが鮮烈、どうしてこんなに美味しいんでしょう(^^♪

白身の高級魚「たんたか」は上品な脂、噛めばじわ~っと口の中にあふれます。

握りだけじゃ物足りないので刺身を追加、サーモン・しめ鯖・生にしん・生北寄貝と日本酒に合う魚貝類オールスター!(^^)!

人生最後の晩餐で絶対食べたい大将のしめ鯖、今回も締め加減が最高で至福の逸品(๑˃̵ᴗ˂̵)

食感といい香りといいもちろん味といい、食べて納得三位一体生の北寄貝。

この日一番はタチ(鱈)の白子、皮やスジは当たらずネットリとした身に旨味満載。

大阪で食べてる白子とは一味も二味も違う、さすがは本場北海道のタチ(*^o^*)

年明け早々美味しいお寿司を食べて、今年の寿司LIFEは幸先良いスタート。

四季彩さんのお寿司、ひょっとしたら今年も大阪で食べれるかも(^_−)−☆



 初春の宴 京甲屋

  2019年01月07日 (月)

某所で過ごした年末年始、この日は大好きなお店へ年始のご挨拶に伺いに来ました。

場所は古の都京都、途中錦市場を横切りますが商店街を歩いている7割は外国人観光客。

近畿にお住いの皆さんは年末ニュースで錦市場の買い出しの様子が風物詩でしたが、最近そのニュースを全く見なくなりましたよね?

それもそのはず錦市場も以前の風情は薄くなり、もはや観光地になってしまいました(・_・;)

大阪在住の私には関係のないこと、今日はこちら「京甲屋」さんで年始挨拶がてら美味しい日本料理を頂きに来ました(^^)/

食前酒は竹に入った日本酒、お屠蘇感覚でいただきます。(後方の方は京甲屋の大将で請来軒のおなじみ様でもある池田さん)

先付けはイクラの飯蒸し、ほっくりと炊かれたご飯の上には味が濃くプリプリのイクラ(^.^)

ただそれだけじゃなく京甲屋さん自家製のからすみがオン、炙ってあり香ばしさと塩気のバランスが絶妙ですが何か物足りない(・・?

足らないのは当然日本酒、京甲屋さんの大将セレクトの日本酒も魅力の一つです。

一発目はひょうたん形の瓶が印象的な宮城県は日高見「弥助」、香りも味も余韻も穏やかでスターターにはもってこい(^^♪

続いてはカニを酢漬けの蕪で巻いた一品、蕪のシャキシャキした食感と蟹の風味がシンプルながら後を引く美味しさです。

お椀は京都らしく白味噌のお雑煮、じんわりと広がるお味噌の甘みと京野菜で新しい年の始まりを食で実感します。

大将との何気ない会話で出てきたYOSHIKIプロデュースのワイン、本来はボトル売りだそうですが特別にグラスでサーブ。

飲むのは当然相方で「アロマの香りが主張し、でもスッキリ飲みやすいワイン」とのたまいますが、お値段は一杯数千円・・・(@_@)

お造りはてっさと大トロの競演、滋味深いフグの身と正反対にネットリとした脂の大トロの味のコントラストはお見事の一言。

このお刺身に合すのは福島県の「天明」、爽やかな酸が口の中をリフレッシュさせてくれます(^^)/

ご存知京甲屋さんのスペシャリテ「八寸」、この日は三が日とあっておせち風の内容。

数の子・田作り・海老芋山椒焼き・くわいなどに加えモロコ南蛮漬けや鳥肝パテと大将の変化球を織り交ぜ、でも定番「豚の角煮」はセンターとメリハリの効いた八寸です。

ここで群馬県の「町田酒造」なる初めての日本酒が登場、口に含むと米の香りと旨味がガツンと来ますが後口は潔くサラリと消えていきます(^.^)

左のグジ(甘鯛)と豆腐の揚げ出しはグジのほのかな甘みと濃厚な大豆がコラボ、それを出汁の効いた餡が橋渡し役になっています。

右はサービスで出てきたしめ鯖とヒラメの昆布巻、左党のツボをよく心得ていらっしゃる大将の攻撃(^^ゞ

最後にサーブされた長野県の「MIYASAKA」は香りも酸も旨味のじんわり広がり、まさに最後を飾るに相応しく大将のセレクトには脱帽(;O;)

いつも釜で供される炊き立てのごはん、この日は正月らしくでもアレンジした変わり赤飯。

ミカンのデザートで新春の懐石は終了。

いつお伺いしても安定の味が楽しめる京甲屋さん、美味しい料理とお酒で気分も一新で新年度の営業日を迎えれそうです!(^^)!



 日本酒新着情報2019

  2019年01月07日 (月)

新春早々ひとっ走り日本酒を仕入れてきました(^^)v

新春一本目は新潟県村上市は大洋酒造さんの「大洋盛(たいようざかり) 純米無濾過生原酒」。

新潟県の日本酒にしては酸も立ち角がある飲み口、しかし香りは穏やかで後口のキレもあるさすが日本酒王国新潟のお酒です。

二本目は広島県竹原市は中尾醸造さんの「誠鏡(せいきょう) 純米生原酒 しぼりたて」。

とりあえずフレッシュな香りと元気な酸が広がりますが、後から押し寄せてくる米の旨味がたまらないこれも日本酒王国広島の日本酒です。

最後は山口県山陽小野田市は永山酒造さんの「山猿 山廃仕込特別純米酒」。

磨に磨いた獺〇と違い香りもパンチも控えめ、しかし長く続く余韻は山廃ならでは。

お肉もいいですがキャベツやもやしと合わせて箸休め的に飲んで頂きたい日本酒です。

今回は全銘柄とも一杯700円(税別)にてのご提供となります。

2019年も地酒とお肉のマリアージュをお楽しみください(@^^)/~~~



 2019年 謹賀新年

  2019年01月03日 (木)

新年あけましておめでとうございます。

お約束の相方ともども、今年も請来軒をどうぞご贔屓に<(_ _)>

珍しく初詣に京都は八坂神社にやって来ました。

昨今国内外からの観光客で大混雑の京都、この日は日本人初詣客も相まって道すら渋滞する始末((+_+))

露店もだいぶ進化して蟹肉棒なるパンダの国の人が喜びそうなニューフェイスに、インスタ映えすると大流行のチーズドッグなどすっかり様変わり。

特にチーズドッグは30人待ちの長い行列、しかし人混みの中でこんなの食べられたら迷惑なんですけど・・・

境内はまさにカオス状態でのんびりお願い事をする状況はなし、神様も年に一度の一見さんの願いを聞いてる暇はなさそう(T_T)/~~~

別の用事で寄っただけなので、そそくさ退散。

それよりお手洗いを使用しましたが昔のままで汚く和式トイレ、海外の方が多いのにこのトイレは時代遅れですよ八坂さん<`ヘ´>

道路は人とバスや車でいつも大渋滞で移動も大変、国内有数の観光地ですが海外からの観光客はこんな殺伐とした古都・京都を想像していなかったでしょう・・・

京都の愚痴ばかりになりましたが、今回の本題は請来軒の営業案内。

2019年は明日1月4日(金)17時から営業させて頂きます。

なお大阪市の屠殺場の開場が5日からですがまた日曜日を挟むのでホルモンが揃うのは週明け、今週末はキモ・センマイは入荷がありませんので予めご了承ください。

今年も皆様のご来店お待ちしております



 さようなら2018年

  2018年12月30日 (日)

十三の請来軒です(^^)

12月29日をもって2018年の営業は終了いたしました。

今年も多くのお客様にご来店頂き、心より感謝しております(^-^)

来年は元号も変わり新しい時代が始まりますが、それと同時に請来軒も大きな節目の年になりそうです。

その詳細については後日改めて(決して閉店する訳ではありませんよ)・・・

2019年は1月4日(金)17時から営業、屠殺場が5日からですがホルモンが順調に入るのは週明けからとなります。

よって4日から6日までキモ・センマイ・シンゾウのご提供はありませんので、ご承知おきの上ご来店下さいませ。

なお年明け4日(金)と6日(日)の両日ともテーブル席は満席、カウンター席は余裕がございます。

皆様どうか素敵な一年をお迎えください(^^♪

今年も請来軒をご愛顧いただきありがとうございました<(_ _)>



 日本酒新着情報

  2018年12月24日 (月)

2018年最後の日本酒を仕入れました。

一本目は滋賀県甲賀市は美富久酒造さんの「三連星(さんれんせい) 無濾過生原酒 純米吟吹雪」。

口に含んだ瞬間に広がる爽やかな吟醸香、それを追いかけるようにやってくる米の旨味がずっしりとくる日本酒です。

二本目は高知県高知市は酔鯨酒造さんの「酔鯨特別純米酒 生酒 しぼりたて」。

ご存知高知と言えば酔鯨、しぼりたてならではのフレッシュな今の時期がまさに飲み頃の日本酒です。

二銘柄とも一杯700円(税別)にてのご提供となり、この二本をもって年内の地酒提供は終了となります。

2018年もたくさんの日本酒をご愛飲下さりありがとうございました(^^)/

【お知らせ】

今年もラストウィークを迎え営業も残り5日、ご予約状況のご案内です。

25(火)・・・ テーブル席は残り一卓(4名様まで)、カウンター席は余裕があります。

26(水)・・・ テーブル席は二卓、カウンター席は余裕があります。

27(木)~ 29(土)はテーブル席は全て満席、カウンター席も18時から20時の間はほぼ満席です。

また最終営業の29(土)は売切れの商品も出てきますので、予めご承知おき下さいませ。



請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.