大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

市内観光と行きたいところですが姪っ子ちゃん曰く「日曜日は休息日やけん、お店ほとんど開いてないんよ(広島弁)」、確かに街中に歩いている人の数はまばらでそれ以上にホームレスをよく見かけました。

それならと地元の生活を肌で感じられるスーパーに突入、ここは比較的高めのグレード「HARMONS」。

店内はホールフーズマーケットに似た雰囲気で、オーガニック商品の品ぞろえもソルトレイクシティでは一番だとか。

先ずはアメリカ人の大好きなピザはビックサイズ、これがホールで焼けるオーブンがあるのはさすがアメリカ(;O;)

そのピザも生地が別売りでトッピングも多数あるので、自宅でホームメイトのお好みピザが楽しめる日本でも欲しいシステム(^^)

ここソルトレイクシティでも日本食は人気で海外ではロールと呼ばれる巻きずしがメジャー、左はマグロとアボカドの巻きずしだと分かりますが・・・

右の一見するとタコ焼きみたいなロールは、パッケージの上からだと判別不能(・_・;)

ここにも惣菜売り場がありセルフでメインからスープまで好きなものをチョイス、言葉の不安や小腹が空いてるときこれを部屋に持ち帰って食べれば立派な一食になるので重宝します。

見るだけで歯がうずいてきそうなケーキに、人工着色料しか使用していないマカロンとデザートまでおおらかなアメリカ(*_*;

こんなハム買って帰っても冷蔵庫に入らないサイズ、魚も三枚におろしただけでまるでお寿司屋さんの仕込みみたく無造作に並んでいます。

アメリカのスーパーではおなじみの量り売りコーナー、コーヒー豆・シリアル・ナッツなどいろんな種類の中でとあるお米に注目。

それはナント緑色のお米で見た目はクスクスみたい、日本ではないこのお米は自分用お土産第一号に(^^)/

職業柄一番気になる精肉コーナーを覗いて唖然、最も小さいパッケージのお肉でも500グラムはありその他は推して知るべし・・・

私が持っているロースなんか請来軒では一度には仕入れない5キロ、逆に日本でこんなの買われたら商売あがったりですね(T_T)/~~~

相方の顔をよりデカいのはサラダで大ぶりにカットされ私が摂る一週間分の量の野菜、ヘルシーフードも充実して豆腐を見てなぜかホッとした気分に。

微妙なフレーバーが連発のドレッシングはお土産第二号(^^)/

クラフトビール先進国アメリカでもブリューワーが多いソルトレイクシティの地ビールはお土産に最適、またバドワイザーのライム風味はぜひ日本で売って欲しい爽やかなビール(^^♪

アメリカ人のソウルスナックで日本ならオウムしか食べないひまわりの種、種類もサイズもバラエティー豊富でこれもアメリカの風景です。

ベタなTシャツや置物などその場の勢いで買うものとは違い吟味できるスーパーでのショッピング、帰国してその味を試すのが今から楽しみです(^^ゞ



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.