大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

営業再開初日にたくさんのお客様にご来店頂き感謝ですが、約半数のお客様が初めての方で本当に嬉しかったです。

明日以降も手洗い消毒を徹底して、また皆様に安心してお食事して頂けるよう細心の注意を払って営業させていただきます。

(道東旅行に戻します)帰り支度をしていると阿寒川に偶然現れたキタキツネ、エゾシカも見れたし彼らは自分の見せ方をよくご存じの様で(^^;

この日はノープランですがその時の気分での観光、まず始めは宿から10分の所にある景勝地へ。

だだっ広い駐車場脇の坂道を渡る事3分で目的地に到着。

ここ「双湖台(そうこだい)」の展望スペースからは森の中にアイヌの言葉で「上の湖」を意味するパンケトーと、「下の湖」を意味するペンケトーと名付けられた2つの湖を見ることができます。

パンケトーは原生林に隠れて見えにくくなっていますが、ペンケトーは北海道の形をしていることで有名です。

この展望台にあるのは動くかどうかわからない望遠鏡のみ、お店もないしパンケトーは全く見えないといきなり寂しい観光となりました(;_:)

双湖台から車で5分、ここ「双岳台(そうがくだい)」は国道241号線の足寄から阿寒湖を抜けて弟子屈までを結ぶ「阿寒横断道路」にあります。

この阿寒横断道路は北海道屈指の山岳ワインディングロードでこの双岳台(標高757m)が実質上の峠となります。

双岳台からは広大な樹海と雄大な雄阿寒岳・雌阿寒岳を望むことができますが、如何せん案内板も売店もトイレも何もありません・・・

ワインディングロードを何とかクリアしたらこんな素晴らしい景色がお出迎え、観光地じゃなくても一般的な風景が絵になるのが北海道の魅力です。

見事なまでの一本道、逃げ水現象が見られ北海道でのドライブは驚きと感動の連続です(*´ω`)

次にやって来たのは日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」、その中でももとは屈斜路湖に浮かぶ火山島だったのが土砂が堆積して湖岸とつながったのが和琴半島。

地熱が高く酸性が強い土壌のためヒメスゲやテンツキ・コケ類のみが生息、冬も雪が積もらず食料(コケ)に恵まれているため一年を通してマダラスズなどのコオロギやバッタの仲間が生息し冬でも虫の鳴き声を聞く事ができる特殊な場所です。

短い夏を屈斜路湖で楽しむ道民の皆さん、北海道は広いから内陸部から海岸へは簡単にアプローチ出来ないので大変ですね(^^;

水温と味を確認して屈斜路湖の観光は終了、お友達にこの後美幌峠と摩周湖を勧められましたが双湖台と屈斜路湖でお腹はいっぱい((+_+))

釧路市内に戻る道すがらの観光に変更します。



コメントの投稿

請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.