大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

 い~~ね 伊根町

  2022年11月30日 (水)

間人周辺の海は穏やかな天気でも波は荒く、岩に打ち付ける波しぶきに日本海の荒々しさを感じながらのドライブ🚙

宿から約40分で着いたのは「道の駅 舟屋の里伊根」、HP上は火曜日定休でしたが現在は水曜日が定休日です。

ここはあの絶景が見れるので超有名な道の駅です。

駐車場から奥に進むと・・・

高台から眺められるのは伊根湾に沿って立ち並ぶ、船を海から引き上げて風雨や虫から守るために建てられた施設「伊根の舟屋」。

女優の戸田菜穂さんが主演を務め主題歌の『幸せになるために』は歌手の中山美穂さんが歌った、1993年に放映されたNHK連続テレビ小説『ええにょぼ』のモニュメントがあります。

伊根湾を周遊する遊覧船、この後はアレに乗って水上から舟屋の見学です🚢

伊根観光の拠点が伊根浦公園の真ん前にある伊根町観光案内所、資料の他にスタッフが色んな相談に乗ってくれます。

地図を片手に町歩きのスタートですが見所は湾に沿って点在しており、方向音痴の方でも迷わず歩けるコンパクトな町です。

舟屋以外これと言って観光地はありませんが、宿泊施設は充実しています。

舟屋をリノベーションした宿がたくさんあり、宿泊料金もリーズナボーです。

至る所海につながる小径が多く、この町でベロベロの酔って歩いたら命の危険が・・・💦

舟屋に囲まれた伊根町で唯一見学できるのがここ「幸洋丸」。

ただ室内が狭いのとコロナ感染対策で入場人数は制限中です。

コンパクトな舟屋内には中その昔使っていた漁具や写真が展示され、伊根に住む漁師の生活を知ることができます。

小型船ですが間近で見ると結構迫力がありますね🛥

しゃがむと目の前にある青島が額縁に入ったように見える撮影スポット📷

「もんどり」という地元の漁具が海に設置されていて、それを引き上げてみる体験もできます。

籠の中には新鮮な魚が、ホントに獲れたのか仕込んだのかは不明ですが・・・

そんな伊根町で最もホットな場所が「舟屋日和」で伊根浦の散策拠点となるカフェでは地元の食材を用いたランチやドリンク、伊根湾を一望できる鮨割烹レストランでは、海の幸が楽しめます。

ハワイの定番ポキを伊根スタイルで提供するカフェ、ベタな和食ばかりではなくこだわりの食事が頂けます。

寿司好きな私の目に留まったのが鮨割烹 海宮(WADATSUMI)さん、昼は寿司ランチで夜はコース料理を地酒とともに楽しめます🍣🍶

朝食をガッツリいったのでお腹はすでに腹8分目、単品の握りは出来ないとの事であえなく断念。

舟屋日和の一番奥にあるのが祭礼船置き場、伊根の祭りで使う祭礼船を展示しています。

祭りの時はここから船が出ていくそうです。

じっくり見るとマンホールの蓋も舟屋のデザインです。

舟屋しか印象がなかった伊根町ですが流れる時間が心地よく、心の底からリラックス出来る故郷のような町。

海が見える宿でのんびり過ごす、リゾート地ではないですが何もしない贅沢が楽しめる素敵な町です😊

町中で見つけた干しナマコストラップの説明書きに「緊急時は食料になります」との文字、好き嫌いがハッキリ分かれる食材ですが緊急時とあらばそんな事は言ってられません。

ただ「ナマコの戻し方はクックパッドを読んで」と仰天の一行、スマホも見られないぐらいの状況が緊急時だと思うんですが🥶

おまけに戻るまで四日間って・・・

何故かレッカーされてる愛車ですが事故った訳ではなく、道中釘を踏んだみたくタイヤがパンクしたので走行不能のためJAFにヘルプを🥺

イエローハットさんでタイヤを交換して何とか十三まで帰れます💦

現在全国旅行割が実施されてますが我々はその前の旅行で今回は京都府民割を利用、宿泊代とクーポンで16000円の割引を受けました✌

しかしパンクのおかげでタイヤ代が20000円で府民割以上の出費に、それでもやはりJAFに入ってて良かった。

十三から2時間半で行ける丹後地方はカニの解禁が始まる今がまさにシーズン、ちなみに寿海亭さんのタグ付き間人ガニプランはお一人様85000円でした😨

それでは家に帰ってお土産で買ったカニカマで一杯やらせて頂きます🦀


 小型船で巡る 伊根湾めぐり

  2022年11月29日 (火)

遊覧船に乗るつもりでしたが相方が水上タクシー(小型遊覧船)なる物を発見、これは乗りたい時に船に電話をするだけで乗れる優れもの。

その乗り場は七面山駐車場横にある船着場、何隻か停泊していますが「すぐ出発しますよ、乗りませんか~」との声に釣られて乗船。

乗ったのはRe:ine(リーネ)号、若い船長さんが案内してくれます。

船長自慢の小型船は今年8月に進水した新しい船、ちなみに若き船長さんは伊根に移住されガイドと漁師もされているそうです。

さあ、今から20分伊根湾クルーズに出航、名前の通り湾なので波はほとんどありません🚢

海上から見る舟屋の全景ですがちなみに舟屋とは、一階が船小屋で二階が二次的な家屋として使用される建物です。

ちょうど通りかかった漁港でマグロの水揚げ、ここではマグロの養殖が盛んだそうです。

こちらの船で毎朝定置網漁業が行われています。

伊根町に魚屋さんは一軒もなく町民の方は白い建物の漁港でお買い物、それも朝6時からで超新鮮なお魚が買えると何とも贅沢。

洒落た舟屋はレストランを中心としたお店は入る伊根カフェ、後ほど地上から見学します。

伊根湾の周囲5キロに約230軒の舟屋が立ち並んでいて、船が停泊している家が現在でも舟屋として使用されているそうですがその数はごくわずか。

船長曰く伊根町も過疎化が進み後継者がいなく廃業される方ばかりで、実際舟屋として使用されているのは少ないそうです。

湾内には牡蠣筏が見られますが出荷まで4年、水がきれいすぎてプランクトンが少ないので時間がかかるそうです🐚

湾内至る所を我が物顔で飛来するウミネコ🐦

湾の入り口中央にある無人島の青島が防波堤の役割を果たし、余程酷い台風以外湾内は常にトロなぎだそうです。

伊根町は映画やドラマのロケ地としても有名で、白壁の舟屋は釣りバカ日誌のロケで二階から西田敏行が釣糸と垂れたそうです。

真横の赤い瓦の舟屋は渥美清の第29作、男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋編のロケ地。

白い窓枠の舟屋はNHK朝の連続テレビ小説『ええにょぼ』(1993年)のロケ地。

三軒がひしめき合って立つ舟屋は、左がなんと江戸時代で真ん中が昭和で右端が大正時代😲

江戸時代の舟屋の一階が低いのはその時代木造船で、船自体が小さかったため入口が低いそうです。

それに比べると昭和の舟屋はしっかりとした造りです。

わざとではなく時間が経って自然にゆがんだ舟屋は造り酒屋で、古代米を使用しロゼワインみたいに赤みを帯びた日本酒「伊根満開」で有名な向井酒造さん。

後ほどお土産で日本酒をゲット🍶

遊覧船よりも身近に船長さんのガイドが聞け時間も融通が利く小型遊覧船、乗船料も1000円と格安なので伊根に来たらまずはこれに乗って町を把握しましょう。


どんよりとした空に厚い雲と激しい波しぶき、これぞ日本海らしい風景の朝を迎えました🌊

夕食と同じ会場での朝食、テーブルにはごはんと味噌汁以外はセットされています。

搾りたてのフルーツジュースは三種類からチョイス🍎🍊

小松菜のおひたし・きんぴらごぼう・筑前煮と、まさにこれぞ日本の朝といったおかず🍃

大豆の味が濃~い湯豆腐。

朝ごはんの主役はカレイの一夜干し🐟

ホカホカの湯気が立っているごはんとお味噌汁🍚

旨味が増したカレイの身に塩梅の良い塩加減、ごはんがススム君です。

香りも良く粒が立ち甘みも強い丹後産コシヒカリ。

夕食と違ってあっさり目ながら出汁の効いたお味噌汁。

黄身が盛り上がった地鶏の卵、スタッフが「苦手なら玉子焼きも出来ますよ」と言ってくれますがこれは当然アレですよね😉

単純に卵かけご飯にするのではなくおかずを散りばめて特製「丹後丼」の完成、我ながら丼の達人だと自惚れてしまうほどの旨さ✌

大学イモでホッコリしてこれにて朝食は終了、と思いきや普通の旅館ではまず出てこないサプライズが🍠

ここでなんと女将特製のパフェが運ばれてきました🍨

チープ感はなくしっかり作り込まれた優しいテイスト、なので夕食のデザートも旅館レベルを超える物でした😋

体も心も穏やかになった寿海亭さんの朝食、二人でのんびり過ごすには最適なお宿でした。


間人に夜が訪れました。

夕食会場の三階にあるレストラン「界」はこだわりの家具と調度品の数々、シックでオリエンタルな空間は料理旅館とは真逆なテイスト😲

テーブルにはすでにいくつかの料理がスタンバイ、鍋もありましたが峰山高原ホテルの件もあるので「後で」とリクエスト。

ちなみに我々の担当スタッフはタイ人と、旅行業界で外国人スタッフは当たり前になって来ました🇹🇭

お風呂上がりの生ビールは最高、素敵な夜に🍻

濃厚な味付け鯛の煮こごり。

どちらとも自然な甘さで箸が止まらない干し柿とかぼちゃの和え物。

オクラととろろのねばねばコンビは芋味噌で、土の香りがするからだに優しい煮物です。

献立には蕎麦と書いてありましたが、季節じゃないとの事でお鍋🍲

お鍋の素材は何の変哲もない物ばかりですが注目したのが出汁、澄んだ出汁は飲む進むにつれて旨味が増していく絶品。

間もなくシーズンを迎えるカニ鍋のベースになるのかな~🦀

お待ちかねのお刺身始めはダイリキ(カンパチ)、軽い脂と弾力のある身が特徴。

磯の香りが鮮烈なサザエ。

寝かして旨味の増した鯛。

名前には春が付いていますが実は冬場が旬で、青魚に分類されるサワラ。

日本海の旨い魚に合わせるのは地元京丹後市は白杉酒造さんの「銀シャリ 特別純米 ササニシキ」、全てのお酒を食米で醸造する蔵元さんだけにあって米の旨味とふくよかな香りが食中酒に最適です🍶

出てきた瞬間胃袋から拍手が起こったメバルの唐揚げ、スタッフから「頭からいけますよ」の教え通り頭からガブリ。

クリスピーな頭とホクホク甘い身に骨せんべいのカリカリ感、一度で三度楽しめる憎い魚です。

地元天橋立ワイン三種飲み比べは180ml三本で2200円とリーズナボー🍷

肝心のお味ですが正直言うとワインというよりぶどうジュース、若干甘口でこちらの料理に合わせるのは難しいです💦

ごはんの〆はメバルの煮付け👀

アテにもなるしおかずにもなる万能プレイヤー、これも唐揚げにしたら美味しいお魚です。

地元産コシヒカリに魚貝の旨味が詰まった味噌汁、日本海側のお宿で出される味噌汁って何でこんなに美味しんですかね😋

残しておいた鍋の出汁をかけて即席雑炊、具も卵もなく純粋に出汁の旨味を感じます。

日本海の海の恵みを堪能した夕食、部屋やレストランの誂えは今風ですが料理は古き良き民宿のそれでした。

我々は一番下のグレードでしたがもっと贅沢なプランもあるので、お財布が太っている方にはグレードの高いプランをおすすめします。

かなり腹パンになってデザートは入りそうになかったですが、スタッフから「お部屋までお持ちしますよ」との嬉しい提案。

これは民宿レベルを遥かに超えたクオリティー、でもその謎が翌朝解明することに。

部屋のお風呂から夜空を見ながらの入浴、今晩はいい夢が見れそうです💤


どんよりとした雲が覆う空に強風と荒波、これぞまさに日本海の景色。

巨大な岩場に打ち付けられ激しく上がる波しぶき、その海の中を泳いでいるアレを目当てにやって来ました🌊

今宵お世話になるのが京丹後・間人の日本海を見下ろす高台に佇む「寿海亭」さん、【1日8組限定】の絶景を愉しめる大人専用のお宿です。

フロント周りはこじんまりしてますが周辺の観光資料に入浴剤等、おもてなしにあふれています。

女性客には色浴衣が選べるサービスが👘

ロビーではフリーでコーヒーサービスが楽しめます☕

通されたのは102号室の「潮騒」、寿海亭さんでは一番下のカテゴリーですがリゾート地じゃないのでこの広さで十分。

全室和洋室の造りで日本海の絶景を一望できる落ち着いたお部屋です。

2019年4月リニューアルの展望風呂からも日本海が一望、心と体が癒されるバスタイムが楽しめます🛀

レインシャワーにブランドのアメニティ、ここだけはリゾート地のそれに負けてません。

程よい硬さのベッドは寝心地も良く、枕元にはコンセントがあり便利です🔌

日の入りの時刻を迎えましたが、分厚い雲が邪魔して肝心の夕日が見えなかったのは残念・・・

ただただ目を奪われる刻々と変化する空の色、窓から入ってくるヒンヤリとした風がBGM🌇

目の保養が出来たので、これから胃袋の保養といきます。


高速を降りて次にやって来たのは、京丹後市網野にある「アミティ丹後(丹後地域地場産業振興センター)」🏢

入ってすぐのコーナーは丹後産品が勢揃いの「丹後特産品ショップ」、農産品を中心とした目移りする商品の中で丹後産コシヒカリをお買い上げ🍚

こちらを訪れた最大の目的はこの「野村克也ベースボールギャラリー」⚾

ギャラリーの大部分を占めるトロフィー、タイトルが多さが野村選手の偉大さを物語っています🏆

ノムさんの生い立ちからの写真ですが、もちろん白黒で風景から歴史を感じます。

パリーグ好きな私でも南海時代の記憶がなく、覚えているのは晩年の西武時代です🦁

何と言っても輝かしい偉業は、史上2人目・パリーグ初の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)👑

三冠王獲得のオフに地元へ凱旋した時の写真、町民の熱狂ぶりが伝わって来ます。

沙知代夫人の後を追いかけるように令和2年他界。

ノムさん語録で最も印象的な「生涯一捕手」。

選手時代より監督になってからの方が何かと話題になったノムさん、選手としても監督としても偉大な足跡を残された不世出なプレイヤー。

休憩がてら寄るに持って来い、入館無料の「野村克也ベースボールギャラリー」でした。


こちらは京都の南北をつなぐ京都縦貫自動車道にある「道の駅 京丹波 味夢の里」、今日から一泊二日丹後地方を巡ります🚙

京丹波の玄関口であり丹波栗や丹波黒大豆、黒豆の枝豆、丹波大納言小豆など、京丹波を代表する特産品を筆頭に色んな物を販売しています。

まあこれでもかというぐらいの品揃え、地ビールから日本酒にワインとアルコール類も充実してます🍷

訪れた数日前に丹波の黒豆が解禁、12時前でほぼすべてが売切れと大人気💦

でも翌日平日の夕方に行ったら、黒豆いっぱい残ってましたよ💓

買い物を済ませて腹ごしらえ、京丹波マルシェの対面にある丹波大食堂にてランチ。

注文したのは丹波黒豆を使用したざるそば。

そのまま食べると確かに爽やかな黒豆の風味が鼻腔をくすぐります👃

かつお節の旨味が効き絶妙な塩梅のそばつゆ、完成度の高いざる蕎麦ですがちょっと量が足りないかな😅

相方は同じ黒豆を使用した温かいきつねうどん🦊

黒豆風味で細めでのど越しの良い麺。

そばつゆ同様に関西人が喜ぶ薄味ですがうまみの詰まったうどん出汁、これにお揚げの甘さが加わり味変で最後まで美味しく頂けました😋

大食堂手前にある京丹波特産品工房では打ち立てそばの購入も可、久しぶりに地域の特産品が充実した道の駅でした。


三日目のメインイベントの投稿を忘れてました💦

皆さん、時計の針を沖縄滞在最終日に戻して下さい。

沖縄滞在最終日も夏の日差しがみなぎる快晴、この空を見てるだけでテンションが上がります⤴

部屋のお風呂からはテレビも見れ(音量調節は浴室内で可)、大好きなラヴィットを見ながら至福のバスタイム🛀

昨日港川のほうき星さんで買ったカヌレで朝食、カヌレの生地の甘さとパッションフルーツの酸味が絶妙で美味しい💓

チェックアウトまでゆっくりした後最終日のイベントはランチのみ、車を飛ばしてやって来たのは近年開発が進んでいる北谷町。

今日はこちらの「トランジット・カフェ」さんでランチを楽しみます。

南国テイストの店内も雰囲気が良いですが、こちらではやはりテラス席がベスト。

トランジット・カフェがある宮城海岸(通称:砂辺)はサーフィンやダイビングに、水平線に沈むサンセットを楽しむために地元の方はもちろん全国から多くの人が集まるエリアです🏄

いつまで見ても飽きない、そしていつまでも見ていたい絶景です。

肉料理・魚料理・オムライス・カレー・パスタなどに、ビーガンメニューもあり全てのお客さんが楽しめるランチメニュー🍝🍛🥩

お腹が一杯で辿り着けませんでしたが、ケーキにパフェとスイーツも充実してます🍰

ハンドルを握ってるのでアルコールはお預け、でもこちらはノンアル系も充実していてモヒートとサングリアをオーダー。

私のオーダーは「牛ロースのサイコロステーキ」、沖縄では県民食的なステーキを食べずには帰れません🎲

ライスなら一気に食べそうなので、パンでゆっくりお肉を楽しみます🍞

味と肉質からモモ肉ですが旨味自体は少ないですが、パンチの効いた醤油とガーリックソースが赤身の旨味も引き立てます🥩

塩だけだとやはり物足りないな~

一方相方のオーダーはこの店一番人気の「カマンベールチーズフォンデュ デラックス」👆

フォンデュの下にコンロがセットされていないので、冷めたらチーズが固まりそうですが・・・

食べやすいサイズでクリスピーなフライドチキン、これにビールなら最高に美味しいやろな~🍗

これまた食べやすそうにカットされた🍞

野菜は🥦🥔🍅

フォンデュソースはまさかのサラッとしたスープ状😲

濃厚ではなくそこはかとなく感じるチーズのコク、牛乳の味も加わりチーズスープのしゃぶしゃぶみたいなテイスト🧀

チキンにチーズも良く合います。

食べ終わりでも粘り気のないチーズフォンデュは初めて、これだけでも食べに来る価値はありますよ😋

北谷付近で宿泊ならさらにムードが増すディナーがおすすめの「トランジット・カフェ」さん、沖縄のキレイな海を見ながら食事を楽しめるとても素晴らしいカフェでした☕

ただ海沿いの道しか駐車スペースがなく場所の争奪戦、周りにはパーキングが無いのでそこだけが唯一の欠点です🅿

周辺には人気のスポット美浜アメリカンヴィレッジがありますが、トランジットカフェ周辺はマカオの街並みに似たカラフルな建物が多く異国情緒満点。

食事の後は是非周辺を散歩して、沖縄らしい風景に身を置くのがこちらでの過ごし方です。


先ほどのお店とエスカレーターを挟んだ向かいにあり、一番奥で見つけにくい場所にあるのが「琉球回転寿司 海來」さん。

フロアマップにあるお店の案内の写真がナント石垣牛、石垣牛もありますがそこはお寿司の写真では?

洗練されたデザインの店内はカフェのよう、レーンにお寿司は流れてますがタッチパネルでお好みを注文します。

お通しみたいにわさびが運ばれてきますが、大手回転すしより本格的なわさびです。

またまた高級魚ミーバイ、上品な脂とシャリのバランスは最高。

ミーバイとソックリですがこれはタマンと言いハマフエフキダイの事、こちらの方が淡白で味のパンチに欠けます。

本土ではブダイで呼ばれるイラブチャー、弾力のある身が特徴。

オリオンビール初のプレミアムビール「75BEER」は、世界生産1%未満の希少ホップオーストラリア産のELLAとENIGMAを使用しています。

香りも味わいも深くノーマルなオリオンビールとは真逆のテイスト、沖縄に来たら是非飲んで欲しいビールです。

変わり種でミミガーピーナッツ和えの軍艦を注文。

ミミガーも海苔もシャリも単体では美味しいですが、お味が一家離散しています😔

エビラバーの相方最後のお皿は、もちろん甘みの強い石垣産の🦐

私はのどぐろの親戚「赤ハタ」、濃厚でキレの良い脂が濃い75BEERにとても合います🍺

その他石垣牛やアテも豊富なので、最後のグルメには打ってつけの「琉球回転寿司 海來」さんでした🍣

楽しい時間はあっという間、名残惜しいですが伊丹行きのJAL機に搭乗🛬

訪れるたびに那覇の街の発展には驚くばかりで、そこかしこで道路工事やホテルの建設が進んでいます。

30年前の初訪問の時は街も人も素朴でしたがすっかりリゾート地に変貌した沖縄、全ての物価がかなり上がり楽しむにはそれなりの出費と気軽に訪れる観光地ではなくなりましたね。

自分が住んでいる大阪を訪れる観光客は何を楽しみに、そしてどんな思い出を作って帰られるんでしょうか?

大阪がいつまでも気軽に来て頂ける場所でいて欲しいですね😌


沖縄での束の間の休日も終わり帰りのフライト時間が近づく那覇空港、搭乗する最後の最後まで沖縄を楽しみます。

飛び込んだのは国内線ターミナル4Fにある「郷土料理の店 天龍」さん、沖縄そばをメインに豊富な郷土家庭料理を提供するお店です。

アテ系も充実してますが今回沖縄料理は未食、十三で行きつけの沖縄料理店(八)でいつも食べてるので今回はあえてパス。

その代わり沖縄の食材を使用した飲食店をピックアップ、なので初日はフレンチで二日目はお寿司にした訳です🇫🇷🍣

十三でも飲めますが気は心でオリ生で🍻

注文したのは「ナーベーラーンブシー」、ナーベーラーはへちまのことでンブシーは豆腐や野菜と豚肉を味噌で煮込む煮物と汁物の中間位の料理。

へちまは初めて食べますがクセも苦みもなく普通に瓜の味、味噌味が強めなのでアテよりも断然ごはんのおかずです🥒🍚

食べてる途中で相方が別の気になるお店を発見、時間もないので急いでそちらへ向かいます🏃‍♂️


請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.