大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

 気仙沼 名品名店巡り

  2024年07月25日 (木)

内湾エリアを離れて市内を散策。

港の反対側にあるのが人気の「喫茶マンボ」さん、食事メニューが豊富で地元でも人気の喫茶店。

震災時周辺の住民が商店街の裏手にある紫神社に避難して、助かったことから名付けられた「南町紫神社前商店街」。

こちらがコロッケが人気の「揚げたてコロッケ屋!」さん、今年3月サンドウィッチマンの【帰れマンデー】で紹介されたお店を中心に回ります。

今食べたら夕食に響くので見るだけ、それにしてもお安いですね🍱

中庭にはなかなか個性的な居酒屋やスナックが並びます。

昭和27年に気仙沼で開業した「菓匠 紅梅 魚町本店」さん。

相方はお土産に気仙沼銘菓「ほたるいかサブレ」。

気仙沼のマスコットで街中いたるところで見かける「ホヤぼーや」、あらゆる商品に登場するキャラクター。

テレビで紹介されたのが一日800個売り上げる、中でも漁師さんに人気の「揚げパン」🥖

これは夜食にとっておきます🎵

こちらは気仙沼の酒蔵の一つで国登録有形文化財「男山本店店舗」、昭和5年に建築され西洋風建築の意匠が施された特徴的な外観で港町のランドマークとなっていました。

東日本大震災の津波で流出し3階建ての3階部分の外壁と屋根だけが残されましたが、残った建築材料を利用し復元したそうです。

男山と聞けば旭川や山形を連想しますが、「男山」は全国に20銘柄以上あります。

南部杜氏の系譜を継ぐ男山本店の酒造り、その技術のすべてを注ぎ込んで生まれた酒が「美禄」シリーズ」。

請来軒でお出しする夏酒を購入、ほやに合う一風変わった美禄はお土産に面白いかも。

一方昭和初期に建築された土蔵風の木造2階建の店舗で国の登録有形文化財が「角星店舗」さん。

東日本大震災で1階部分が損壊し2階部分も敷地の奥に流されましたが、一度解体したうえで平成28年11月に元の位置に再建されました。

初めておめにかかる銘柄「水鳥記 特別純米酒 蔵の華」、ハンドルを握るので試飲は出来ませんがおすすめの一本。

関西にはあまり流通していない水鳥記、これも請来軒で提供します(ブログ公開時はとっくに売り切れてますが)🍶

吟醸酒造りの技術を活かして醸した酒蔵の清酒酵母仕込みワイン「月の吟」、日本酒の香りも感じる珍しい🍷

復興のお手伝いにと、微々たるものですが普段の旅行よりショッピングに力が入ります。


 気仙沼の未来は内湾から

  2024年07月24日 (水)

かもめ食堂さんのすぐそばにあるのが商業観光施設「迎(ムカエル)」、「結(ユワエル)」、「拓(ヒラケル)」、まちづくりの拠点施設「創(ウマレル)」の4施設からなる内湾エリア。

拓(ヒラケル)

カフェやお魚屋さんが営業、他のエリアも物販や文化施設が入居しています。

こちら「創(ウマレル)」の一階には遊覧船のチケット売り場がありますが、通常は土日のみの運行です🚢

二階は市民の起業を促すチャレンジショップや移住相談が出来る公共施設。

また気仙沼市のコミュニティFM“ぎょっとFM”のスタジオもあります📻

二階テラスからはのどかな気仙沼の港が一望。

気仙沼発祥のアンカーコーヒーさんでブレイク⚓

イートインスペースを完備した店内にはオリジナルコーヒーも販売。

季節限定「ミルクブリュー」は牛乳のコクとコーヒーの苦みが絶妙。

FMから流れる軽快なBGMを聞きながら天気が良いのでテラス席で、穏やかな港とスローな時間に心からリラックス。

しかし湾内に新設された高い防波堤を見ると、どうしてもあの時の映像がフラッシュバックします。

見所は市内に集中してるので気仙沼に到着したら、まずは内湾でコーヒーでも飲みながら地理を勉強しましょう。


 復活の味 気仙沼かもめ食堂

  2024年07月23日 (火)

空港から仙台東部道路・三陸道を通って約2時間、旅の目的地である気仙沼に到着。

世界三大漁場の三陸沖に隣接し、世界中から漁船が集う港町の活気が漂う気仙沼市内。

ただその港を囲む真新しく高い防波堤、こちらに来たらあの話しを避けては通れません。

今回はそれを辿る旅になります。

気仙沼最初のイベントはもちろんグルメ、お邪魔したのは地元ローカルに人気昭和17年創業「かもめ食堂」さん。

東日本大震災前に閉店し地震で店は全壊しましたが、とある人物の活躍で見事復活した市民に愛される食堂。

ラーメンがメインですがカレーや丼物と食堂らしいメニューも。

まだまだ新築の雰囲気の店内。

注文はお店の看板「かもめラーメン」とサーモン丼のCセット。

気仙沼らしいふのりをトッピング。

五島うどん並みの極細ちぢれ麵はスープにもよく絡み、のど越し良くスルスル胃袋に流れていきます。

鶏ガラや煮干しの風味がたまらないスープ、旨さがじんわり広がる優しい出汁。

他店の三倍はあろう分厚いチャーシュー、肉の旨味がガツンとくるパンチの効いた一枚🐖

ふのりが放つ磯の香りとシャキシャキ食感、ただ醤油よりは塩ラーメンの方が間違いなく合います。

ベースは醬油ラーメンと同じ海老ワンタンメン。

小ぶりながらもエビの旨味をしっかり感じるワンタン🦐

ラーメンのお供はワサビ醤油で漬けにしたサーモン丼。

サーモンの脂を中和するワサビに風味付けのゴマ、敷かれた海苔と硬めのご飯まさに計算ずくの旨さ🐟

歴史を感じる一杯にほっこり癒されたかもめ食堂さん、これから復興した街を散策します。


これから搭乗する飛行機は大阪万博仕様、外観だけで機内はノーマル🛬

目的地の空港は海沿い、また機体は津軽海峡を越えたか?

伊丹空港から1時間、そこらじゅうから楽天イーグルスの歓迎を受け仙台空港に着陸。

東北の地図を見ると大阪ってホント小さな県ですね。

旅の情報をここみちのく観光案内所でゲット。

今回の相棒は日産NOTEでカーシェア利用、ガソリン満タン返しもなくレンタカーよりお得です。

ただ前に利用した方が清潔にしておかないと不快な気分に、カーシェアを利用する場合は次の方のためキレイに使いましょう🚙

今回は宮城県でも仙台ではなく、訪れるには遅すぎたあのエリアに向かいます。


チェックインも済ませ北海道を離れる前最後のグルメへ。

某ジンギスカン店は番号札を取るもスルーされたので別の店へ。

相方とは別行動で一人辿り着いたのが「カレーハウス キタカレー」さん。

世界に三人しかいないカレーが食べれない相方のおかげで、今回初めて本場札幌でスープカレーにチャレンジ。

ノーマルなカレーライスもありますが、ここはスープカレー一択🍛

注文したのは人気ナンバーワンの「チキンスープカレー」。

レトルトしか食べた経験はありませんが、スパイスの効きも控えめ。

目にも鮮やかふんだんに入っている野菜、一つ一つの味がカレーの中でしっかり主張。

ただチキンを食べた瞬間レトルトのそれに似た食感、注文して10分もかからず提供されるので仕方ないですが🐓

物価の高い空港でサッポロクラシックが380円は嬉しいプライス🍺

北海道独特の食文化を体験できたのは何より、でもこのブログをアップする頃に札幌の有名スープカレー店がオープンするそうです。

搭乗ギリギリまで未練がましく濃厚な🍦

日常から離れ見知らぬ土地で過ごす非日常の時間、見るもの食べるものを通してその地の文化や風習に触れる。

そして改めて自分が生活する日常の良さを再確認する、旅行の醍醐味はまさにそこにあると思います。

さあ、旅に出かけましょう😊


おはようございます、北海道滞在最終日は爽快な天気。

旅費を安くあげるのと帰阪後中之島公園で開かれるベルギービール祭り参加のため、この日は起きてあとは飛行機に乗るだけ。

すぐ近くに見えるのが新千歳空港🛬

これからロビー階にある食堂で朝食タイム、宿泊者は朝食が無料で付いてきます。

この日のおすすめは北海道日本ハムファイターズ応援企画商品、厚切りハム勝つ(カツ)とオリックスファンには手が伸びない一品😢

洋食の王道スクランブルエッグにソーセージ🍳

ハムカツ・鳥から・イカチリのわんぱくコーナー。

ホテル一押しの行者ニンニクソーセージ。

漬物・ネギなどの薬味に納豆・味付け海苔・生卵と、ご飯のおかずオールスターズそろい踏み🌟

ジャーの中身は北海道産ななつぼし、おかずがなくとも食べられる道産米🍚

ヨーグルトにスイーツとお値打ちなホテルでこれだけこだわるのがすごい、何度も言いますが宿泊者は朝食無料です😲

ソフトドリンクにパンもここまで用意されたら文句なし、と言うかもはや満足の何物でもありません👏

絶対手が伸びる道産フレッシュミルクに、ヤクルトの親戚みたいな北海道限定ドリンク「カツゲン」で朝からエナジーチャージ🍼

チョット質素になりましたが厳選した朝食のメニューがこちら。

地味ですがこの塩辛、めっちゃ旨かった😋

気のせいかコーンもトマトも甘くて美味しかった🌽🍅

お味噌汁は意外にも関西人の舌に合う薄味。

トッピングはキレイな紫色の布海苔、食感よく磯の香りが食欲を押し進めます。

無料を侮るなかれを地で行く素晴らしい朝食でした。


 北海道で焼鳥と言えば串鳥

  2024年07月07日 (日)

電車の時間もあるので取りあえず千歳まで帰還、ゲームも早めに終わったので飲みに。

やって来たのは駅から徒歩5分、道民御用達の焼鳥「串鳥 千歳駅前店」さん。

かなり体が冷えましたが乾杯はサッポロクラシック🍻

無料で出てくる大根おろしと鶏ガラスープ、でも席料取られるからチャラかな。

オーダーはスマホから、100席以上ある大箱店でもストレスなく注文できます🎵

甘くてバターとの相性も抜群の「きたあかりバター」🥔

豚肉の旨味に生姜の辛さとアマダレのハーモニーが最高、串鳥で大人気の「岩下の新生姜の豚巻」。

みんな大好きつくねですがタレはとろみがあり塩味が強い、北海道の味付けは関西人には濃い物が多い気がした今回の旅のグルメでした。

ツラミやコメカミの部位で関東でよく食べられる「豚カシラ」、弾力有る食感とホルモンらしい野性味がクセになりそう。

創作串もウリの串鳥さん、豚肉と海苔の風味が新鮮な「豚味噌のり巻き」。

これも北海道らしいパリパリの焼き目にとろ~りとしたチーズ「炙りカチョカヴァロ」🧀

日本酒は徳利で冷を頼むと二合はあろうかという大きな徳利、サラリとした飲み口にほのかな酸味とキレイな日本酒🍶

串のシメは焼鳥の王道、ぼんぼちとひな皮を塩で。

串鳥と言えばこの「鳥の釜めし」。

これも濃い~だろうなと思って一口、これがまた大阪人の舌に合う薄味ながら鶏の旨味が染み出た逸品😲

釜めしの二杯目は出汁と薬味をかけてお茶漬けに、ピリッとしたワサビと出汁で旨さ倍増。

デザートはアイデアメニューの炭焼き黒ゴマ串団子、焼き立てでゴマの心地よい香りで北海道最後の夜は終了。

ライラック祭りの昼飲みから閉店ぎりぎりまで飲み倒す、そんな酒好き道民のパワーには圧倒されたました💦

(注意)
ホテルに戻るのに各所にある入口は23時でクローズするのでそれ以降は駅まで戻る羽目に、また駅前ロータリーも近いのにガードレールで阻止され遠回りしないといけません。

JR千歳駅は複雑な構造なのでご注意を、ちなみにホテル帰還が23時以降はここに鍵を挿すとエントランスのドアが開きますよ🔓


 7月6日緊急事態宣言

  2024年07月06日 (土)

北海道旅行中ですが、ここで大切なお知らせ🎤

請来軒は一週間の中で土曜日が一番賑わい、実際先週も満員御礼でした。

が、

明日7月6日は一年に一度もないくらいご予約がありません😲

ご予約がなくともお肉やホルモンは万全の体制、ボランティアを盛大に募集しております。

明日この怪奇現象の目撃者はあなたです😎


JR北広島駅を降りてシャトルバスに乗って目的地へ。

駅から10分弱到着したのは北海道日本ハムファイターズの本拠地「エスコンフィールド北海道」、昨秋に訪れましたが今回は野球観戦おまけに相手は我がオリックスバファローズ🐂

入場するなり目に飛び込んで来た「名護」の文字、この日日本ハムファイターズのキャンプ地である名護DAYのイベント。

北海道で海ぶどうは新鮮に感じます。

ダルビッシュとオオタニサ~ンが描かれているタワー11、この日も記念撮影の長蛇の列が🐍

バックヤードツアーと違い観客の入ったスタジアムはすごい熱気、陣取るはもちろん3塁側ですが内野席で7500円は強気のプライス。

試合前の国歌斉唱🎌

巨大なオーロラビジョンに試合進行はまるでユニバみたい、エンタメ性が強くアトラクションみたい。

席が通路側なのでトイレに行くのに気を遣う必要はなし、北海道なのでもちろんサッポロクラシックを指名。

開放感あふれるエスコンフィールド北海道で飲むビールは格別🍻

ビールのお供は札幌で焼鳥と言えば「串鳥」の唐揚げ、エスコンは360°周遊できるのでどこのお店のアテも購入可能。

購入したのは「田中 正義投手の正に串鳥の渾身唐揚げ」、味はさておき結末から言うと田中にゲームを締められました😖

PM7時でも外はまだ明るいですよ🌟

球場内で醸造されているクラフトビール「そらとしば by よなよなエール」、これもおねえちゃんが席まで届けてくれます。

試合そっちのけでビールを堪能、ホップの苦みに柑橘系の香りは飲みごたえ十分。

ここで豆知識。

エスコンフィールド北海道では8回裏になったらビール通常800円が540円に閉店価格、生ビールは鮮度が命売れ残ったら味が落ちるのでこれは関西の球場も見習うべき🤔

ライブでキツネダンス見ましたよ~🦊

言いたくありませんが3点先制したのに逆転負け、今年のうちを象徴するような歯がゆいゲームでした💦

観戦日の5月22日ゲーム終了後の気温がたった7℃、皆さん北海道の自然をなめたら痛い目に遭いますよ🥶

エスコンフィールド北海道が開場してから一年ですが、試合終了後バス乗り場に殺到でこの日は乗車まで20分待ち。

それならタクシーと考えますが、タクシー乗り場の方が長~い待ちですよ。


ここはJR千歳駅へ繋がる商業施設「千歳ステーションプラザ」。

そこと直結している「千歳ステーションホテル」が今夜の宿泊先。

通された1004号室はデラックスシングルルーム(セミダブルルーム)、ベッド幅140cmのセミダブルベッドが一台。

異常に広いトイレ🚽

下宿マンションにあるような水回り、でも必要最低限のアメニティは完備しています。

結構深い湯舟でいい湯だな~が楽しめるバスルーム、バブが置いてあり冷えた体に効きました♨

寝る分には問題ないですが夜になると部屋が暗い、LEDではなく一昔前の電灯で妖艶なムードに包まれます💦

そんな部屋で異彩を放つのがイス、まるで上場企業の社長が座るような豪華版で座り心地抜群💺

手作りおつまみにビール一本付きの「おつまみセット(1000円)」、周辺に飲食店が少ないので有難いかも。

やはり窓からの景色は雄大で写真は札幌方面、今日は夜遅くまで予定があり明日の帰阪に備えて新千歳空港に近いこのホテルに投宿した訳です。

旅装を解いて今から今回の旅で二番目に楽しみにしているアレを観戦に行きます。


請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.