大阪・十三 焼肉の請来軒 ブログ


大阪・十三 焼肉の請来軒のブログです。

みなさまのご来店、楽しみにお待ちしております。

ご予約・お取り置きはブログでの受付はできませんので、あらかじめご了承ください。

いよいよお楽しみの握りですがまず出されたガリ、黒糖で煮た新生姜で甘みと酸味のバランスが最高です。

小樽産のひらめの昆布締め、握りの感想は写真で分かって頂けると思います😊

サクラマス

赤身の三升漬け

中トロ湯びき漬け、もういう事は何もありません。

甘エビの昆布締め、身のネットリ感がたまらない・・・

厚めの身からほとばしる磯の香りの北寄貝。

白つぶ貝

そこはかとない旨味を感じるボタン海老出汁の碗。

ホタテ貝柱の炙りは海苔で巻いて磯辺風に。

水タコの頭

こんなに美味しい握りは初めて、毛蟹と蒸し雲丹。

今や貴重なウニの軍艦。

焼き目を付けて香ばしさをプラスした煮穴子。

デザート代わりの玉と温度管理がなされた濃い目のお茶で、大感動の夕食は名残惜しくも終了。

奇をてらわずに素材の良さを隠れた仕事で引き出す、そして一見さんにも常連さんみたいに心地よい接客が素晴らしい小伊勢大将。

私が今までお邪魔したお寿司屋さん、いや飲食店の中でも最高だった伊勢鮨さん🍣

しばらく大阪でお寿司屋さんに行けなくなった伊勢鮨さんの長く続いた余韻、貴方も伊勢鮨さんのお寿司を食べたら私の気持ちが分かって頂けるはずです。

ぜひ再訪したいと切に思った小樽の夜でした。


 珠玉のアテ 小樽伊勢鮨

  2022年12月12日 (月)

夕暮れを迎え、港町独特のどこか寂し気な雰囲気が漂う小樽の街。

今回の北海道旅行最大にして唯一の目的がお寿司、お邪魔したのは小樽市稲穂にある名店「伊勢鮨」さん。

札幌に転勤された請来軒昔からのお馴染み様の紹介で、初訪問にもかかわらず大将が握って下さる常連しか入れない特別個室での夕食と相成りました。

乾杯はもちろんサッポロクラシックの生ビール🍻

全てを大将にお任せしたコース料理の始まり、まずは優しい味付けと食感が楽しいスケソウ鱈の子の炊き物。

二品目は秋刀魚の甘露煮とカスベ頬肉の辛子酢味噌和え。

甘露煮なのに生の様な食感の秋刀魚に、珍味で鶏肉に似た食感の道内産カスベ(エイ)。

三品目は網走の釣りキンキと松笠カレイのウニ巻き縁側をのせて。

キレッキレな脂をまとったキンキに道内ブランド松笠カレイの白身、ウニをのせて旨味を引き出す至極のアテ。

キンキの骨から取った出汁にくぐらせる演出、脂が少し抜けたキンキは上品な味で脂が溶けた出汁が絶品。

四品目は日高マグロ「赤身・中トロ・大トロ炙り」のそろい踏み🐟🐟🐟

マグロのクオリティーは文句なしですが大根おろしにはエシャロットを忍ばせる、清冽な風味がプラスされ各部位の味が一段と引き立ちます。

五品目は道東ニシン白子と真子添え。

ニシンのお刺身自体が珍しいのに濃厚な白子と出会う事で想像をはるかに超えた味に、この旨さを表現する言葉を持ち合わせていません。

六品目は網走産白魚の漬け。

これまた初体験白魚の漬けは日本酒のススム一品、今回は銘酒をたくさん頂きましたが料理に集中したため割愛させて頂きます。

七品目は真鱈の肝和え(胃袋入り)。

濃厚な肝の甘みとコクにミノみたいに歯応えある食感、これだ~い好き💓

八品目は真鱈の白子。

まだ走りながらも爽やかな旨味が特徴、これが美味しくなると北海道に冬が到来します⛄

素敵なアテに負けないぐらい旨味と輝きを放った北海道の日本酒、飲み過ぎて銘柄を失念したのは内緒です🤫

九品目は氷頭ナマスイクラ添え。

鮭の鼻?のところでコリコリの食感が楽しく、上質で控えめなお酢との相性も抜群です🍶

十品目はメヌキの焼物。

深海魚らしく濃厚な脂ですがくどくなく、余韻で残った氷頭ナマスのお酢が脂を和らげてくれます。

十一品目は10月解禁の小樽産鮑肝ソースと水タコのほうじ茶煮。

素材の旨味をシンプルに極限まで引き出す仕事、感動モノの旨さです🤩

十二品目はこの日唯一の変わり種クリームチーズと数の子。

数の子はまぶした函館産クリームチーズの西京漬けを海苔で巻いて、チーズのコクに数の子のつぶつぶ感と磯の風味が三位一体となって旨味の荒波が襲ってきます🧀

十三品目はサロマ湖一年の牡蠣。

以前四季彩の佐々木大将にも食べさせて頂いた牡蠣のブラックペッパーかけ、牡蠣の臭みを消し濃厚な身の旨さがより強調されます。

十四品目は小樽産の岩もずくとシャインマスカット。

通常より太めのもずくとシャインマスカットと一見不釣り合いに思えますが、驚くぐらい相性が良い初体験のお味です🍇

アテのオーラスを飾るのは生湯葉の茶碗蒸し(いくらのせ)。

素晴らしいアテの数々にお腹はいっぱいどころか減った感覚、これからお待ちかねの握りへと舞台は移ります。


肝心の街歩きですが北一硝子周辺はどのお店も代わり映えなく、大阪でも良く見かけるチーズケーキ「ル〇オ」や海鮮おかきで有名な「北〇楼」の本店があるぐらい。

どこも小樽限定商品を推してますが興味なく、50過ぎたオッサンには物足りません😔

見事に色づいた紅葉にかかる虹、こういう風景に心揺さぶられるお年頃になりました🌈

そういう時に頼りになるアトラクションが「小樽運河クルーズ」、乗り場はホテルソニアの向かいにあり予約が無くても空いてれば乗船可能です。

クルーズ一周40分で料金はなんと1000円ポッキリ、これに乗らない手はありません😲

写真の中央橋を始め4つの橋の下をくぐって行きます。

こちらはウミウで魚とりの名人です。

夕暮れの小樽湾もちょこっと航行。

カフェやライブハウスが入っているこの石造りの倉庫は、新一万円札のデザインに起用された渋沢栄一が建てた澁澤倉庫。

色んな案内がありましたが残念なことに船頭さんが外国の方、彼の日本語を理解するのに集中したため景色の記憶が・・・

夜になったら点灯するガス灯、この日ナイトクルーズは予約で一杯でした😲

もし天気が良ければ是非乗って小樽の街を運河から眺める、小樽観光にこのクルーズは欠かせません。


 ホテルソニア小樽(施設編)

  2022年12月10日 (土)

何度見ても絵になる風景、運河の街小樽にやって来ました。

今回の宿泊先は左の運河倉庫と運河クルーズ乗場の正面にある「ホテルSONIA」、ちなみに右真横に建っているのがホテルノルド🏨

通された402号室は運河側にあるスタンダードクラスのツインルーム.

英国製のアンティーク家具と照明が印象的な室内、アメニティグッズは一通り揃ってますが冷蔵庫にミネラルウォーターは入ってません。

昼間は観光で夜は酔っぱらって意識不明な状態には、十分するほど素敵な室内。

何と言ってもこちらのホテル最大のウリは窓からの景色、正面に運河や倉庫と小樽の素晴らしい眺望を堪能できます。

こちらに決めたもうj一つの理由はこの大浴場で男性の風呂からは小樽の街並みを、女性のお風呂には露天風呂があり旅の疲れを癒すには最高のお風呂です🛀
(大浴場はホテルHPからの転載です。)

JR小樽駅と唐揚げの有名店「なると」さんまでのんびり歩いて10分、北一硝子まで15分とアクセスも抜群で使い勝手の良いホテルです。


10月のある日お店を琢ちゃんと幸ちゃんに任せて降り立ったのは札幌、今回は珍しく請来軒のお客様との旅行です🛫

グルメなお客様のエスコートでやって来たのは、札幌市白石区にある中華そばの「カリフォルニア」さん🇺🇸

カフェみたいな店内はカウンター席とテーブルに奥には待合室、かなりの人気店ですが真冬に外で行列は生死にかかわりますもんね⛄

昔と違って今のラーメン屋さんってメニューが複雑、思わず券売機の前でフリーズ😰

そんな券売機の「人気ナンバーワン」の文字に誘導され注文したのが「黒わんたんそば」。

スープを一口飲むと醤油の香りを抑えて広がる魚貝の風味、始めは若干物足りなさも進むにつれて濃くなっていくスープの旨味😲

丸みを帯びた中太麺はスープの絡みものど越しもワンダフル、ラーメンは麺が主役だと再確認させられます。

まるでハムのような燻製香を放つチャーシューは小ぶりですが弾力が良く、噛むと旨味がにじみ出て煮干し出汁のスープが一段と引き立ちます🐖

一般的なお店の何倍も餡が詰まっているワンタン、レンゲから溢れるビジュアルがたまりません💓

ぎっちり詰まった餡は豚肉の香りと旨味が強調し、あまり調味料を感じずこれもやはりスープに合った逸品。

さすがは北海道でメンマもデッカイドーです。

シンプルながら旨味が段々強くなっていきまた油でコーティングされ最後まで熱々のスープ、小麦の香りが素晴らしい麺とのバランスが最高。

北海道は絶対味噌ラーメンとの想いを封印さす納得の一杯、北海道グルメ幸先良い一杯でした🍜


 い~~ね 伊根町

  2022年11月30日 (水)

間人周辺の海は穏やかな天気でも波は荒く、岩に打ち付ける波しぶきに日本海の荒々しさを感じながらのドライブ🚙

宿から約40分で着いたのは「道の駅 舟屋の里伊根」、HP上は火曜日定休でしたが現在は水曜日が定休日です。

ここはあの絶景が見れるので超有名な道の駅です。

駐車場から奥に進むと・・・

高台から眺められるのは伊根湾に沿って立ち並ぶ、船を海から引き上げて風雨や虫から守るために建てられた施設「伊根の舟屋」。

女優の戸田菜穂さんが主演を務め主題歌の『幸せになるために』は歌手の中山美穂さんが歌った、1993年に放映されたNHK連続テレビ小説『ええにょぼ』のモニュメントがあります。

伊根湾を周遊する遊覧船、この後はアレに乗って水上から舟屋の見学です🚢

伊根観光の拠点が伊根浦公園の真ん前にある伊根町観光案内所、資料の他にスタッフが色んな相談に乗ってくれます。

地図を片手に町歩きのスタートですが見所は湾に沿って点在しており、方向音痴の方でも迷わず歩けるコンパクトな町です。

舟屋以外これと言って観光地はありませんが、宿泊施設は充実しています。

舟屋をリノベーションした宿がたくさんあり、宿泊料金もリーズナボーです。

至る所海につながる小径が多く、この町でベロベロの酔って歩いたら命の危険が・・・💦

舟屋に囲まれた伊根町で唯一見学できるのがここ「幸洋丸」。

ただ室内が狭いのとコロナ感染対策で入場人数は制限中です。

コンパクトな舟屋内には中その昔使っていた漁具や写真が展示され、伊根に住む漁師の生活を知ることができます。

小型船ですが間近で見ると結構迫力がありますね🛥

しゃがむと目の前にある青島が額縁に入ったように見える撮影スポット📷

「もんどり」という地元の漁具が海に設置されていて、それを引き上げてみる体験もできます。

籠の中には新鮮な魚が、ホントに獲れたのか仕込んだのかは不明ですが・・・

そんな伊根町で最もホットな場所が「舟屋日和」で伊根浦の散策拠点となるカフェでは地元の食材を用いたランチやドリンク、伊根湾を一望できる鮨割烹レストランでは、海の幸が楽しめます。

ハワイの定番ポキを伊根スタイルで提供するカフェ、ベタな和食ばかりではなくこだわりの食事が頂けます。

寿司好きな私の目に留まったのが鮨割烹 海宮(WADATSUMI)さん、昼は寿司ランチで夜はコース料理を地酒とともに楽しめます🍣🍶

朝食をガッツリいったのでお腹はすでに腹8分目、単品の握りは出来ないとの事であえなく断念。

舟屋日和の一番奥にあるのが祭礼船置き場、伊根の祭りで使う祭礼船を展示しています。

祭りの時はここから船が出ていくそうです。

じっくり見るとマンホールの蓋も舟屋のデザインです。

舟屋しか印象がなかった伊根町ですが流れる時間が心地よく、心の底からリラックス出来る故郷のような町。

海が見える宿でのんびり過ごす、リゾート地ではないですが何もしない贅沢が楽しめる素敵な町です😊

町中で見つけた干しナマコストラップの説明書きに「緊急時は食料になります」との文字、好き嫌いがハッキリ分かれる食材ですが緊急時とあらばそんな事は言ってられません。

ただ「ナマコの戻し方はクックパッドを読んで」と仰天の一行、スマホも見られないぐらいの状況が緊急時だと思うんですが🥶

おまけに戻るまで四日間って・・・

何故かレッカーされてる愛車ですが事故った訳ではなく、道中釘を踏んだみたくタイヤがパンクしたので走行不能のためJAFにヘルプを🥺

イエローハットさんでタイヤを交換して何とか十三まで帰れます💦

現在全国旅行割が実施されてますが我々はその前の旅行で今回は京都府民割を利用、宿泊代とクーポンで16000円の割引を受けました✌

しかしパンクのおかげでタイヤ代が20000円で府民割以上の出費に、それでもやはりJAFに入ってて良かった。

十三から2時間半で行ける丹後地方はカニの解禁が始まる今がまさにシーズン、ちなみに寿海亭さんのタグ付き間人ガニプランはお一人様85000円でした😨

それでは家に帰ってお土産で買ったカニカマで一杯やらせて頂きます🦀


 小型船で巡る 伊根湾めぐり

  2022年11月29日 (火)

遊覧船に乗るつもりでしたが相方が水上タクシー(小型遊覧船)なる物を発見、これは乗りたい時に船に電話をするだけで乗れる優れもの。

その乗り場は七面山駐車場横にある船着場、何隻か停泊していますが「すぐ出発しますよ、乗りませんか~」との声に釣られて乗船。

乗ったのはRe:ine(リーネ)号、若い船長さんが案内してくれます。

船長自慢の小型船は今年8月に進水した新しい船、ちなみに若き船長さんは伊根に移住されガイドと漁師もされているそうです。

さあ、今から20分伊根湾クルーズに出航、名前の通り湾なので波はほとんどありません🚢

海上から見る舟屋の全景ですがちなみに舟屋とは、一階が船小屋で二階が二次的な家屋として使用される建物です。

ちょうど通りかかった漁港でマグロの水揚げ、ここではマグロの養殖が盛んだそうです。

こちらの船で毎朝定置網漁業が行われています。

伊根町に魚屋さんは一軒もなく町民の方は白い建物の漁港でお買い物、それも朝6時からで超新鮮なお魚が買えると何とも贅沢。

洒落た舟屋はレストランを中心としたお店は入る伊根カフェ、後ほど地上から見学します。

伊根湾の周囲5キロに約230軒の舟屋が立ち並んでいて、船が停泊している家が現在でも舟屋として使用されているそうですがその数はごくわずか。

船長曰く伊根町も過疎化が進み後継者がいなく廃業される方ばかりで、実際舟屋として使用されているのは少ないそうです。

湾内には牡蠣筏が見られますが出荷まで4年、水がきれいすぎてプランクトンが少ないので時間がかかるそうです🐚

湾内至る所を我が物顔で飛来するウミネコ🐦

湾の入り口中央にある無人島の青島が防波堤の役割を果たし、余程酷い台風以外湾内は常にトロなぎだそうです。

伊根町は映画やドラマのロケ地としても有名で、白壁の舟屋は釣りバカ日誌のロケで二階から西田敏行が釣糸と垂れたそうです。

真横の赤い瓦の舟屋は渥美清の第29作、男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋編のロケ地。

白い窓枠の舟屋はNHK朝の連続テレビ小説『ええにょぼ』(1993年)のロケ地。

三軒がひしめき合って立つ舟屋は、左がなんと江戸時代で真ん中が昭和で右端が大正時代😲

江戸時代の舟屋の一階が低いのはその時代木造船で、船自体が小さかったため入口が低いそうです。

それに比べると昭和の舟屋はしっかりとした造りです。

わざとではなく時間が経って自然にゆがんだ舟屋は造り酒屋で、古代米を使用しロゼワインみたいに赤みを帯びた日本酒「伊根満開」で有名な向井酒造さん。

後ほどお土産で日本酒をゲット🍶

遊覧船よりも身近に船長さんのガイドが聞け時間も融通が利く小型遊覧船、乗船料も1000円と格安なので伊根に来たらまずはこれに乗って町を把握しましょう。


どんよりとした空に厚い雲と激しい波しぶき、これぞ日本海らしい風景の朝を迎えました🌊

夕食と同じ会場での朝食、テーブルにはごはんと味噌汁以外はセットされています。

搾りたてのフルーツジュースは三種類からチョイス🍎🍊

小松菜のおひたし・きんぴらごぼう・筑前煮と、まさにこれぞ日本の朝といったおかず🍃

大豆の味が濃~い湯豆腐。

朝ごはんの主役はカレイの一夜干し🐟

ホカホカの湯気が立っているごはんとお味噌汁🍚

旨味が増したカレイの身に塩梅の良い塩加減、ごはんがススム君です。

香りも良く粒が立ち甘みも強い丹後産コシヒカリ。

夕食と違ってあっさり目ながら出汁の効いたお味噌汁。

黄身が盛り上がった地鶏の卵、スタッフが「苦手なら玉子焼きも出来ますよ」と言ってくれますがこれは当然アレですよね😉

単純に卵かけご飯にするのではなくおかずを散りばめて特製「丹後丼」の完成、我ながら丼の達人だと自惚れてしまうほどの旨さ✌

大学イモでホッコリしてこれにて朝食は終了、と思いきや普通の旅館ではまず出てこないサプライズが🍠

ここでなんと女将特製のパフェが運ばれてきました🍨

チープ感はなくしっかり作り込まれた優しいテイスト、なので夕食のデザートも旅館レベルを超える物でした😋

体も心も穏やかになった寿海亭さんの朝食、二人でのんびり過ごすには最適なお宿でした。


間人に夜が訪れました。

夕食会場の三階にあるレストラン「界」はこだわりの家具と調度品の数々、シックでオリエンタルな空間は料理旅館とは真逆なテイスト😲

テーブルにはすでにいくつかの料理がスタンバイ、鍋もありましたが峰山高原ホテルの件もあるので「後で」とリクエスト。

ちなみに我々の担当スタッフはタイ人と、旅行業界で外国人スタッフは当たり前になって来ました🇹🇭

お風呂上がりの生ビールは最高、素敵な夜に🍻

濃厚な味付け鯛の煮こごり。

どちらとも自然な甘さで箸が止まらない干し柿とかぼちゃの和え物。

オクラととろろのねばねばコンビは芋味噌で、土の香りがするからだに優しい煮物です。

献立には蕎麦と書いてありましたが、季節じゃないとの事でお鍋🍲

お鍋の素材は何の変哲もない物ばかりですが注目したのが出汁、澄んだ出汁は飲む進むにつれて旨味が増していく絶品。

間もなくシーズンを迎えるカニ鍋のベースになるのかな~🦀

お待ちかねのお刺身始めはダイリキ(カンパチ)、軽い脂と弾力のある身が特徴。

磯の香りが鮮烈なサザエ。

寝かして旨味の増した鯛。

名前には春が付いていますが実は冬場が旬で、青魚に分類されるサワラ。

日本海の旨い魚に合わせるのは地元京丹後市は白杉酒造さんの「銀シャリ 特別純米 ササニシキ」、全てのお酒を食米で醸造する蔵元さんだけにあって米の旨味とふくよかな香りが食中酒に最適です🍶

出てきた瞬間胃袋から拍手が起こったメバルの唐揚げ、スタッフから「頭からいけますよ」の教え通り頭からガブリ。

クリスピーな頭とホクホク甘い身に骨せんべいのカリカリ感、一度で三度楽しめる憎い魚です。

地元天橋立ワイン三種飲み比べは180ml三本で2200円とリーズナボー🍷

肝心のお味ですが正直言うとワインというよりぶどうジュース、若干甘口でこちらの料理に合わせるのは難しいです💦

ごはんの〆はメバルの煮付け👀

アテにもなるしおかずにもなる万能プレイヤー、これも唐揚げにしたら美味しいお魚です。

地元産コシヒカリに魚貝の旨味が詰まった味噌汁、日本海側のお宿で出される味噌汁って何でこんなに美味しんですかね😋

残しておいた鍋の出汁をかけて即席雑炊、具も卵もなく純粋に出汁の旨味を感じます。

日本海の海の恵みを堪能した夕食、部屋やレストランの誂えは今風ですが料理は古き良き民宿のそれでした。

我々は一番下のグレードでしたがもっと贅沢なプランもあるので、お財布が太っている方にはグレードの高いプランをおすすめします。

かなり腹パンになってデザートは入りそうになかったですが、スタッフから「お部屋までお持ちしますよ」との嬉しい提案。

これは民宿レベルを遥かに超えたクオリティー、でもその謎が翌朝解明することに。

部屋のお風呂から夜空を見ながらの入浴、今晩はいい夢が見れそうです💤


どんよりとした雲が覆う空に強風と荒波、これぞまさに日本海の景色。

巨大な岩場に打ち付けられ激しく上がる波しぶき、その海の中を泳いでいるアレを目当てにやって来ました🌊

今宵お世話になるのが京丹後・間人の日本海を見下ろす高台に佇む「寿海亭」さん、【1日8組限定】の絶景を愉しめる大人専用のお宿です。

フロント周りはこじんまりしてますが周辺の観光資料に入浴剤等、おもてなしにあふれています。

女性客には色浴衣が選べるサービスが👘

ロビーではフリーでコーヒーサービスが楽しめます☕

通されたのは102号室の「潮騒」、寿海亭さんでは一番下のカテゴリーですがリゾート地じゃないのでこの広さで十分。

全室和洋室の造りで日本海の絶景を一望できる落ち着いたお部屋です。

2019年4月リニューアルの展望風呂からも日本海が一望、心と体が癒されるバスタイムが楽しめます🛀

レインシャワーにブランドのアメニティ、ここだけはリゾート地のそれに負けてません。

程よい硬さのベッドは寝心地も良く、枕元にはコンセントがあり便利です🔌

日の入りの時刻を迎えましたが、分厚い雲が邪魔して肝心の夕日が見えなかったのは残念・・・

ただただ目を奪われる刻々と変化する空の色、窓から入ってくるヒンヤリとした風がBGM🌇

目の保養が出来たので、これから胃袋の保養といきます。


請来軒   大阪市淀川区十三本町1−2−6     電話:06−6390−1739
Copyright © Chinraiken All rights reserved.